ニュース - 速報・レビュー(レビュー) -

朝食きちんと摂る効果

掲載日:2010年1月14日

川島隆太 氏・東北大学教授(加齢医学研究所 スマート・エイジング国際共同研究センター長)が、12日興味深い調査結果を発表した。

「朝ごはんを食べる習慣と、人生を成功に導くこととの関連性が明らかに」なったという。調査手法は、全国の現役大学生400人と、4 年生大学を卒業した会社員500 人を対象にインターネットを利用したアンケートだ。大学生400人は大学を偏差値別に (1)44以下(2)45-54 (3)55-64 (4)65以上に4分類し、それぞれ男女各50人ずつ割り付け、会社員500人は、35-44歳で現在の年収を(1)300万円 (2)300-500万円 (3)500-700万円 (4)700-1,000万円 (5)1,000万円以上に5分類し、各100人ずつ割り付けた、という。

調査結果から「受験・大学生活・就活・現在の生活において、朝ごはん習慣を身につけている人は『偏差値65以上の第一志望の大学に現役合格し、就活もスムーズで、自分が選んだ第一志望の道を歩み、年収1,000万以上を手に入れている』というような成功者の人生を歩む傾向があることが浮かび上がった」。

プレスリリースによると「朝ごはん習慣を身につけていない小・中学生の学力が低いことは、文部科学省の調査で明らかになっている。加えて当研究室がこれまでに行った調査研究からは、朝ごはん習慣を身につけていないと、学力どころか脳の働き自体が低い(脳が発達していない)ことが明らかになった。また、朝食で、おかずをバランス良く食べないと、同じように脳の発達が悪くなることも証明された。実際に、脳の働き方を最先端の脳機能計測装置(functional MRI)で測定をすると、バランスよく朝食をとった時の方が、より脳が働いていることが証明されている」という。

今回の調査で、こうした過去の調査研究の結果があらためて裏付けられたということのようだ。

さらに川島教授の丁寧なアドバイスも付記されている。「脳を良く働かせるための朝食のポイントは2つあります。一つ目は脳細胞のエネルギー源であるブドウ糖を十分に供給すること、二つ目はブドウ糖が有効に脳細胞で使われるようにするための補助的な栄養素をきちんと摂ることです。ブドウ糖はでんぷん質を消化することによって補給されますので、主食をきちんと摂らなくてはいけません。またブドウ糖を脳細胞が効率的に使うためには、ビタミンB群、必須アミノ酸のリジンを摂る必要もあります。二つ目のポイントは、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)を長時間高く保つことです。いわゆる、低GI(インスリンがでにくい)の食事が、脳をより長時間しっかりと働かせてくれます」

詳しい調査結果も付記した分かりやすいプレスリリースによって、きちんとした食生活の重要性を再認識した方は多いと思われるが、当編集部としては1点気になったことを付記したい。

偏差値65以上といった難関大学に見事合格したような人、会社に入ってからも相応の処遇を受けているような人の大半は、元々きちんとした性格だから当然、食生活も普通の人より規則正しかった、という側面もあるのではないだろうか。

ページトップへ