サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(レビュー) -

最先端研究開発支援プログラムへの一本化

掲載日:2009年7月6日

総額2,700億円の基金が用意される「最先端研究開発支援プログラム」の中心研究者と研究課題の公募要領が3日、内閣府から公表され、公募が始まった。

2009年度補正予算として急浮上した高額のプログラムだから、既存の研究開発支援と「不合理な重複、過度の集中を避ける」ことが求められるのは当然だろう。

内閣府の公募要領を見ると「プログラムに採択された場合、中心研究者および共同提案者が現在実施し、または、実施しようとしている他の研究開発については、予算の適切な執行の観点などから、原則として、遅くとも平成21年度中にプログラムによる研究開発に一本化し、プログラムによる研究開発に専念できる体制を整えること」と明記されている。

内閣府の発表資料にはQアンドAも用意されており、ここには以下のように書かれている。

「他の研究開発の内容がプログラムの研究課題と全く異なるものである場合や、研究開発システム改革を目的とした事業など研究開発を主な目的としていない事業を実施している場合など、プログラムによる研究開発への一本化が困難な場合は、支援会議及びワーキングチームにおいて、当該状況を考慮した審査等を行います。しかし、この場合も、プログラムの研究開発に十分な時間を確保していただくことが必要です」

既に研究開発費を得て進行中の研究開発課題が新プログラムに採択されると、進行中のものはまずほとんどが新たな研究開発計画に移行、組み直されるのでは、と読める。既存の研究開発事業から櫛(くし)の歯が欠けるように多くのプロジェクトが吸い上げられるという事態になるのだろうか。そうではなく、これまでなかなか採択されなかったような斬新で意欲的な研究開発課題が数多く新プログラムによってスタートするのだろうか。

【この記事へ読者コメント】  
一般傍聴の抽選は当選していました
投稿者:K_Tachibana 2009年7月13日掲載
会社の中で、返信のファクスが取り紛れていたようです。
発覚したときには既に開始時刻を過ぎていたのですが、遅刻しながらも肝心の部分は傍聴することができました。

当日の配布資料が以下にアップされていますので、参考になさってください。
http://www8.cao.go.jp/cstp/sentan/wt1/wt1.html

一般傍聴の抽選に外れたようです
投稿者:K_Tachibana 2009年7月9日掲載
結局、昨日のうちに内閣府からは返信のファクスがありませんでした。一般傍聴の抽選には外れたようです。

前もって、知り合いの記者さんに取材と情報インプットをお願いしたので、こちらに希望を託したいと思います。

一般傍聴は先着順ではなく、抽選のようです
投稿者:K_Tachibana 2009年7月7日掲載
私も内閣府の科学技術政策のウェブページから見つけました。

取り敢えず申し込んでみましたが、一般は人数制限があって抽選に当たらないと傍聴できないようです。

報道関係傍聴者に関しては、1社1名であれば傍聴不可にはならないようですが。

一般傍聴できるみたいですよ。
投稿者:information 2009年7月7日掲載
支援会議でなくその下のワーキングですが
http://www8.cao.go.jp/cstp/sentan/wt1/annai1.pdf

最先端研究開発支援会議等での情報収集をぜひともお願いします
投稿者:K_Tachibana 2009年7月6日掲載
「最先端研究開発支援プログラム」については、わからない点が多すぎるので、サイエンスポータル編集部でぜひとも次回の最先端研究開発支援会議を取材されレビューしていただけますよう、伏してお願いいたします。

おそらく、最先端研究開発支援会議に関しては総合科学技術会議の基本政策推進専門調査会のような、一般傍聴の機会は用意されていないでしょうから。

 
ページトップへ