ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

お酒に強い遺伝子持つ人は痛風リスク2倍以上

掲載日:2016年5月18日

お酒に強い遺伝子を持つ人は、弱い遺伝子を持つ人の2倍以上痛風になりやすいと、防衛医科大学校と国立遺伝学研究所などの研究グループがこのほど、英科学誌電子版に発表した。お酒に強い人は飲酒量も多い傾向にあるが、飲酒が痛風のリスク要因であることを遺伝子レベルで裏付けた研究成果として注目される。

防衛医科大学校分子生体制御学講座の松尾洋孝(まつお ひろたか)講師らは、「ALDH2」と呼ばれるアルコール分解酵素に着目。この分解酵素を作る遺伝子に変異があるとALDH2ができずにお酒に弱いとされることから、痛風の男性患者1,048人と痛風ではない男性1,334人の2グループを対象に遺伝子変異の有無との関係を調べた。その結果、遺伝子変異がない人は、変異がある人より痛風を2.27倍発症しやすいことが明らかになった、という。

痛風は、尿酸が体内に蓄積すると結晶化して関節に付着し激しい痛みの発作を起こす。患者のほとんどは男性で腎臓や心臓の疾患や脳卒中、高血圧の危険因子にもなる。研究グループは、ALDH2の遺伝子を調べて痛風を発症するリスクが高い人を見つけ出すことで個人差に応じた予防や治療につながる、としている。

松尾講師らの研究グループはこれまでに、痛風は生活習慣病の一つではあるが発症には複数の遺伝子が関係することを明らかにして論文発表をしている。

図 東京医科大学研究グループ提供
図 防衛医科大学校研究グループ提供
ページトップへ