サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

惑星誕生の『へその緒』発見

掲載日:2013年1月7日

惑星誕生の『へその緒』
(提供:国立天文台)

宇宙のかなたで形成されつつある巨大なガス惑星に、周囲を包むガスが「へその緒」のようにひも状となって流れ込んでいる様子を、チリ大学などの国際チームが捉えた。これまで理論的に予想されていた現象が、実際に直接観測されたのは初めて。研究論文が英科学誌「ネイチャー」(2日、オンライン版)に掲載された。

観測したチリのアルマ望遠鏡を共同運用する国立天文台によると、国際研究チームは、地球から約450光年離れた、「おおかみ座」の方向にある原始星「HD142527」を観測した。これまでの観測で、HD142527の周囲には塵とガスの円盤が存在し、同星との間に大きな「すき間」があることが分かっていた。チームはサブミリ波領域の短い波長の電波で詳しく観測し、外側のガスや塵が中心に伸びる流れを2本発見した。HD142527では少なくとも2つの巨大ガス惑星が作られていると考えられるという。

惑星そのものについては、今回の最先端の赤外線望遠鏡でも見つからなかった。研究チームのリーダーサイモン・カサスス氏(チリ大学)は「きっと惑星は、まだ不透明なガスの流れの中に深く埋もれていると考えられる」と話している。

ページトップへ