ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

原発8-10キロ圏外の自治体と初の安全協定締結

掲載日:2011年12月26日

鳥取県、米子市、境港市と中国電力は25日、島根原子力発電所に関わる安全協定を締結した。

原子力発電所の安全確保策について電力会社は、地元自治体と安全協定を結んでいる。対象となる自治体は、これまで1980年に原子力安全委員会がまとめた防災指針「原子力発電所等周辺の防災指針」で「防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲」(原発から8-10キロ以内)に限られていた。鳥取県米子市と境港市はこの範囲外に位置しており、初めての安全協定締結例となる。

ページトップへ