サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

超高速インターネット衛星『きずな』使い遠隔医療実証実験

掲載日:2010年12月2日

宇宙航空研究開発機構と東京都小笠原村は1日、超高速インターネット衛星「きずな」を使用した遠隔医療実証実験を行った。

約千キロ離れた小笠原村診療所と東京都立広尾病院を衛星回線で結び、急を要する患者が小笠原村で発生した場合、診断から治療に至る連携作業がどの程度可能かどうか確かめるのが狙い。小笠原村診療所から、患者の放射線画像・エコー映像や外傷状況のハイビジョン映像を伝送し、これを見た広尾病院の医師が初期救急対応の助言や緊急性・治療の優先度を判断したり、本土へ搬送できないような重症患者に対し、頭蓋内出血による脳の圧迫を回避するため、頭蓋骨に穴を開け血腫を外に出して減圧するといった救命救急処置を小笠原診療所の医師に指示、指導することも行われた。

小笠原村診療所と広尾病院の間の既存回線は毎秒64キロビットしかないが、「きずな」を使用することで合計毎秒24メガビット(1メガは1、000キロビット)、3チャンネルの各種データを伝送することができる。実証実験では、放射線画像なども見ることができるハイビジョンテレビ会議で、小笠原村診療所と広尾病院の医師とが治療方針を議論、検討することも行われた。

実証実験に参加した小笠原村診療所の医師からは「専門外の処置でリアルタイムに実技指導が受けられるのは助かる」、広尾病院の医師からは「映像が非常に鮮明で放射線画像のフィルムによる診断や技術指導を行うことが十分可能」、「エコーや内視鏡の映像を現地と同じ画質で見ることができるため、現地での処置の可能性が広がる」など、それぞれ評価する声が聞かれた。

ページトップへ