ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

ほとんど水でも高強度の材料開発

掲載日:2010年1月22日

こんにゃくと同じくらい水分が多いのに強度はこんにゃくの500倍という新材料を東京大学の研究チームが開発した。究極的な環境無負荷材料としてさまざまな用途が期待されている。

相田卓三・東京大学大学院工学系研究科教授らが開発した材料は、ほとんど(95%以上)が水分でできており、2-5%の粘土とわずか0.4%の有機高分子化合物を混ぜるだけで簡単につくることができる。

十分な強度を持つことからどんな形にも成型できる上に、成型物をはり合わせることで複雑な形にすることも可能。タンパクなど生理活性物質を取り込む性質も持っている。

相田教授らは、骨、軟骨などの再生材料や代替材料、アクチュエーター材料、バイオリアクター用材料などさまざまな応用が期待できると言っている。

ページトップへ