ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

昨年の温室効果ガス濃度世界最高に

2009年11月24日

世界気象機関(WMO)は23日、大気中の温室効果ガス濃度が昨年、産業革命以降で最高となったと発表した。

地球温暖化への影響が一番高いと考えられている二酸化炭素(CO2)は2007年に比べ2.0ppm上昇し385.2ppmに、メタンは同じく7ppb増え1,797ppbに、一酸化二窒素(N2O)は0.9ppb増の321.8ppbとなった。ハロカーボンもフロンガス規制でクロロフルオロカーボンなどは少しずつ減っているものの代替フロンが急激に増え、これらの温室効果が心配されている。

大気中のCO2濃度は、化石燃料の大量消費など人為的な影響がほとんどなかった産業革命以前の1750年までは280ppmとほぼ一定に保たれていたが、その後、上昇を続けている。温室効果への影響力を見る放射抗力(radiative forcing)で比較すると、もっとも影響の大きいのはCO2で、1750年に比べ温室効果ガスによる地球温暖化影響増加分の63.5%を占めている。次いでメタンが18.2%、N2Oは6.2%で、残り約12%がハロカーボンとなっている。

ページトップへ