サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

宇宙ステーション滞在の飛行士用宇宙食を認定

掲載日:2007年6月28日

おにぎりもラーメンもカレーもあるけど味噌汁はなし-。宇宙航空研究開発機構は、国際宇宙ステーションに滞在する宇宙飛行士用の「宇宙日本食」を認定、27日、宇宙開発委員会に報告した。

飛行士の良好な栄養状態を維持することに加え、精神的なストレス解消にも目配りして選ばれた食品は、主な食品メーカーを含む12社の製品29品目。伝統的な和食にこだわらず日本人が日常的に食べている食品を念頭に、軌道上で9カ月の品質保持要求などの条件を満たすものの中から選ばれた。赤飯、山菜おこわ、しょうゆラーメン、レトルトビーフカレー、玉子スープ、お吸い物、サバの味噌煮、イワシのトマト煮から黒あめ、ようかん、粉末緑茶など種類は豊富だ。

宇宙航空研究開発機構は、今後、年に3、4回の審査を行い宇宙日本食の種類を増やしていく予定。来年秋ごろ国際宇宙ステーションに滞在することが決まっている若田光一・宇宙飛行士も、認定された宇宙日本食の中から献立が用意される。

ページトップへ