サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

日本実験棟打ち上げで星出さんシャトルに搭乗

掲載日:2007年3月23日

来年初めに打ち上げが予定されているスペースシャトル「アトランティス」に、宇宙航空研究開発機構の宇宙飛行士、星出(ほしで)彰彦さんが搭乗することが決まった。

アトランティスは、国際宇宙ステーションに組み立てられる日本実験棟「きぼう」を打ち上げる。星出さんは、約2週間程度の飛行期間中、「きぼう」船内実験室の国際宇宙ステーションへの組み立て作業のほか、船内実験室の起動、機能点検などを行う。

「きぼう」の組み立てでは、星出さんの前、年末に打ち上げが予定されているシャトルに土井隆雄さんが搭乗することがすでに決まっている。さらに来年秋には、若田光一さんが国際宇宙ステーションに長期滞在することも決まっており、年末から来年にかけて日本人宇宙飛行士が、次々に宇宙に飛び立つことになる。

星出さんは、1968年東京都生まれ、92年慶應義塾大学理工学部機械工学科卒業、宇宙開発事業団(現:宇宙航空研究開発機構)入社、2001年宇宙飛行士に認定され、06年2月米航空宇宙局(NASA)のミッションスペシャリストに認定された。宇宙飛行は初めてとなる。

ページトップへ