ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

硫黄島で地盤隆起観測

掲載日:2006年11月15日

近年、海底噴火や小規模の噴火が見られる硫黄島(東京都小笠原村)で、8月から地盤隆起が起きていることが、衛星による観測で確認された。

気象庁などが14日発表したところによると、地盤隆起は、最初に衛星利用測位システム(GPS)による観測データから明らかになった。

宇宙航空研究開発機構の地球観測衛星「だいち」に搭載されている合成開口レーダーの観測データを用いて、解析したところ、8月1日から11月1日の間に同島東部海岸が数センチから10センチ隆起し、逆に北部中心部は数センチ沈降していることが分かった。

硫黄島では、2001年9月、10月と2004年6月に、海底噴火や小噴火が発生しているが、現在、火山活動はおさまっている。

ページトップへ