サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

アレルギーの黒幕発見

掲載日:2006年6月21日

アレルギー反応に記憶型T細胞と呼ばれる体内の物質が、重要な役割を果たしていることを、理化学研究所の研究者たちが突き止め、21日発表した。

喘息やアレルギーの治療法開発につながる成果と期待されている。

アレルギー反応は、まず異物が体内に入ってきたことでインターロイキン4が作り出され、それが直接の原因である免疫グロブリンEの産生を促すことがすでに分かっていた。

研究者たちは、マウスを使った実験で、記憶型T細胞がインターロイキン4を作り出す役割を果たしていることを突き止めた。

記憶型T細胞を持たないマウスでは、アレルギーの原因である免疫グロブリンEがほとんどできず、記憶型T細胞を持たないぜんそくモデルマウスでも、ぜんそくが起こらないことも確かめられた。

ページトップへ