サイエンスポータル SciencePortal

国際光年特設ページ

国際光年に関連するニュース・記事一覧

新有機ELの分子材料を開発 近未来照明へ期待
超小型「X線自由電子レーザー」が、いつでも、どこでも自由に使える時代 (ImPACTプログラム・マネージャー(PM) 、株式会社東芝 電力・社会システム技術開発センター技監 佐野雄二 氏)
光るキノコの発光物質を特定
國武豊喜氏ら3氏に京都賞 (受賞者の一人に、分光装置など観測技術の向上により初めて太陽系外惑星を発見したミシェル・マイヨール氏)
コヒーレントフォトン技術によるイノベーション ~学術と産業の協創 (東京大学大学院理学系研究科物理学専攻 教授、理学系研究科附属フォトンサイエンス研究機構 機構長COI拠点プロジェクトリーダー 湯本 潤司 氏)
低エネ光の利用期待できる分子膜開発
光格子時計で新成果 水銀でも原子時計上回る精度確認
科学、技術を大きく変える光格子時計(東京大学 大学院工学系研究科 教授 香取 秀俊 氏)
LEDで水問題解決や新医療法の開発も(名古屋大学 教授、2014年ノーベル物理学賞 受賞者 天野 浩 氏)
高強度レーザーで微小なスペースデブリ除去
光合成担う巨大な光化学超複合体を発見
インフルエンザウイルスを蛍光で追跡
オーロラを北海道で11年ぶりに観測
レーザーで層状物質の隙間縮める理論提案
国際ガンマ線天文台に大口径望遠鏡設置へ
光で鉄の原子核を光速の1/5まで加速に成功
外村彰氏の電子顕微鏡が始動、世界最高の分解能
高分子半導体の光電荷生成とねじれを解明
光で遠隔操作できる超伝導スイッチを開発
光で筋肉再生の原理を実証、ALSに光
皮膚の細胞増殖刺激は花火のように広がる光格子時計
宇宙年齢で1秒も狂わない光格子時計
素粒子の謎解明へハイパーカミオカンデ始動
可視光の広い波長を使える水分解光触媒
「あかり」の遠赤外線全天画像データ公開
光からスピン流を生成する新原理発見
印刷で作れる多層の有機EL素子を開発
青は殺虫光線だった。虫たちで発見
光合成タンパク質の正確な構造を解明
背景放射の偏光で重力レンズ効果捉えた
生体深部を広い視野で見る顕微鏡開発
X線可飽和吸収を観測、X線光学事始め
違う原子が交互に並ぶ原子の鎖を合成
高精度の新しい原子時計を開発
有機結晶が光で溶ける仕組みを解明
ホタルはLED光好き、誘引・同調発光
影の中でも木星の衛星が放つ微光発見
第25回「フォトニック結晶レーザの応用展開」
グラフェンのデバイス実用化に前進
手のひらに乗るカラー暗視カメラ実現
ガンマ線バーストの残光に円偏光発見
グラフェンで質量ゼロ電子を直接観察
光合成の反応複合体の構造を解明
豊富で安価な光触媒発見、可視光で水素発生
水銀ランプに代わる低コスト深紫外LEDを開発
効率100%の青色発光に第3世代有機EL材料で成功
急増光したアイソン彗星、分光観測に成功
700本のハイビジョン映像、1秒で7,300キロ転送
世界最薄・最軽量の有機LED
“電子の疎密波”で光信号を伝搬
日本発2種類目の光格子時計が世界標準候補に
光ファイバー1本でハイビジョン映画5,000本を1秒で伝送
光照射で固化・液化を繰り返す新素材を開発
生きた細胞の内部構造顕微鏡で観察に成功
LED素子の光出力1.7-2.5倍向上
反応効率100%究極の光センサー分子開発
光で曲がる新高分子素材開発
リン酸銀に有望な光触媒効果確認
殺菌能力持つダイヤモンドLED開発
非接触でも酸化チタンの光触媒性能確認
ホモ接合型の有機EL素子で3原色発光
電気信号に変換不要の光メモリ技術開発
可視光でも高効率の光触媒開発
赤外線レーザー照射で狙った遺伝子発現
光を通し熱を反射する透明シート開発
X線自由電子レーザー実現に前進 大型集光鏡開発
赤外光で光合成するクロロフィル地球全域に存在
X線自由電子レーザー開発競争で新成果
世界最高出力の深紫外線発光ダイオード
カラー表示可能な電子ペーパー材料開発
鮮やかな色出す液晶光源LED
新製品開発につながる超短パルスレーザーシステム
白壁を瞬時にフルカラー画像に変える発光技術開発新製品開発につながる超短パルスレーザーシステム
有用な深紫外線出す高出力発光ダイオード開発
光触媒利用して20%の省エネ冷房実証
光を極微小空間に“長時間”閉じこめ
大量の物質に埋もれたブラックホール発見
24年ぶりに宇宙の赤外線地図書き換え
X線と光触媒でエネルギー生産は可能か
紫外線発光素子の開発に成功
光スイッチング素子につながる成果
テラヘルツ波分光で西洋古典絵画の修復履歴もテラヘルツ波
空気清浄能力一挙に30倍高める光触媒
光遮断と増幅機能併せ持つ物質製造
カーボンナノチューブ使いテラヘルツ光子検出宇宙マイクロ波背景放射
ページトップへ