レポート - 英国大学事情 -

2011年2月号「エディンバラ大学の技術移転活動 -Edinburgh Research and Innovation Ltd.ERI-」

掲載日:2011年2月1日

英国在住30年以上のフリーランス・コンサルタント山田直氏が、新しい大学の生き方を求め、イノべーション創出、技術移転などに積極的に取り組む英国の大学と、大学を取り囲む英国社会の最新の動きをレポートします。(毎月初めに更新)

 

当「英国大学事情」シリーズで、ロンドンのインペリアル・コレッジを初めとした、イングランド地方の大学におけるイノベーション促進活動を紹介してきた。今月号ではスコットランド地方の事例として、2009・10年度にスコットランドの大学による年間企業設立数としては過去最多となる42の大学発企業を設立したエディンバラ大学の技術移転会社、Edinburgh Research and Innovation Limited(ERI)の活動を紹介する。ERIは過去5年間に131の企業を設立した実績を持ち、それらの企業の約90%は現在も存続しており、総勢約350人のスタッフを雇用している。

 

【1. ERIの概要】
  1. 沿革
  2. ERIは英国における最初の大学の技術移転オフィスの一つとして、エディンバラ大学によって1969年に設立され、1998年には同大学が株式の100%を保有する企業法人となる。

  3. 決算資料
  4. 【損益計算書】

    (単位:1万ポンド。四捨五入の概算数値)
      2008年度 2007年度
    事業収入 £857万(12億円) £880万(12億3,000万円)
    運営経費 835  (11億7,000万円) 828  (11億6,000万円)
    事業利益 22  (3,000万円) 52  (7,300万円)
    受け取り利息 9  (1,300万円) 8  (1,100万円)
    経常利益 31  (4,300万円) 60  (8,400万円)
    エディンバラ大学への寄付 -23  (3,200万円) 46  (6,400万円)
    税引き前利益 8  (1,100万円) 15  (2,100万円)
    税金 -0.5  (70万円)
    当期純利益 7.5  (1,030万円) 15  (2,100万円)

     

    【事業収入内訳】

    (単位:1万ポンド。四捨五入の概算数値)
    収入内訳 2008年度 2007年度
    コンサルタント契約 £364万(5億1,000万円) £350万(4億9,000万円)
    エディンバラ大学向け業務 311  (4億4,000万円) 300  (4億2,000万円)
    知的所有権 62  (8,700万円) 125  (1億7,500万円)
    大学からの経費払い戻し 22  (3,100万円) 23  (3,200万円)
    不動産賃貸 14  (2,000万円) 15  (2,100万円)
    EU関連 12  (1,700万円) 12  (1,700万円)
    その他 71  (9,900万円) 57  (8,000万円)
    合計 857  (12億円) 881  (12億3,300万円)
    (決算資料 )

     

  5. スタッフ
  6. エディンバラ大学の研究サービス・商業化担当ディレクターがERIのチーフ・エグゼキュティブ、コーポレート・サービス担当ディレクターがチェアマンを務めるほか、ERIには科学・工学部長、人文・社会科学部長、医学部研究ディレクターなどの教授職を含む5人の社外役員がおり、スタッフ数は70人を超す。また、ERI社にはチーフ・エグゼキュティブ以外に30-40歳代と思われる6人のシニア・マネージャーがおり、参考までにその人たちの経歴を紹介する。

    • 研究支援・開発責任者
      エディンバラ大学にて英文学の修士号取得後、いくつかのチャリティー団体のマーケティング担当を経験。1990年にエディンバラ大学のERIの前身であるUnivEd TechnologiesのCPD(継続的職能教育)サービス・マネージャーに就任。
    • 事業開発責任者
      エディンバラ大学医学部で博士号取得後、同大学のMBAも取得。英国の大手多国籍製薬会社の研究開発部門に勤務後、1991年にERIに入社。
    • 商業化責任者
      大手エレクトロニクス企業に勤務後、ERIの前身のUnivEd Technologies社に入社。マネージャーとしてエディンバラ大学に9年間勤務後、グラスゴー大学の技術移転チームのシニア事業開発マネージャーや事業開発責任者を4年間努めた後、エディンバラ大学のイエンス・パークの責任者に就任。ダンディー大学でMA、エディンバラ大学でMBAを取得。
    • 企業設立・インキュベーション責任者
      北海油田関連の中小企業や金融分野に勤務後、1995年より企業設立およびインキュベーション活動に従事。2000年にERIに入社。BA(ビジネス・経済学)。
    • 法律責任者
      エディンバラの法律事務所に商業関係の弁護士としてエディンバラ大学を担当し、2001年にERIの法律責任者として入社。
    • 運営責任者(Company Secretary)
      1985年に公認会計士の資格を取得して大手公認会計事務所に勤務。その後、大手エネルギー関連企業を経て、2000年にERIに入社。

 

 

【2. ERIが設立した企業】

【過去5年間に設立した企業数】

  2005・05 2006・07 2007・08 2008・09 2009・10 合計
設立企業数 21 16 26 26 42 131

 

【2009・10年度設立企業例】

NGenTec社 風力発電用軽量発電タービンの開発
Actual Analytics社 アルツハイマー病などの中枢神経系疾患薬開発に利用できるビデオ分析技術の開発
Skoogmusic社 身体に障害を持つ子供向けの楽器の開発

 

【成功事例】

Vision Group PLC 1990年、エディンバラ大学のPeter Denyer教授によって、CMOSイメージ・センサー技術の開発のために設立された。
カメラ用イメージ・センサーの開発を進め、1995年にスコットランドの大学発スピンアウト企業として初めての株式上場企業となった。上場時時価総額は2,500万ポンド(35億円(*1))。
同社のCMOSはデジタル・カメラ、ビデオ・コンファレンス器機、セキュリティー器機など広範囲な用途を持つ。
1999年、STMicroelectronics社に買収された。
Wolfson Microelectronics PLC 1985年、エディンバラ大学のDr David Milneによって半導体の設計会社として設立された。
1996年、事業戦略を変更し、製造機能を持たないファブレスの半導体企業となった。
2003年、スコットランド地方の大学発企業としてはで第2番目となる株式市場への上場を果たした。上場時の時価総額は2億1,400万ポンド(約300億円)。
現在では、多くの世界的デジタル・オーディオなどのエレクトロニクス・メーカー向けにmixed signal ICを供給している。
エディンバラを本社として、米国、日本、中国、台湾、韓国等、世界12カ国にオフィスを持ち、総従業員数は430人。
Microemissive Display PLC 1999年、発光高分子材料を利用した、ビデオカメラなどのマイクロディスプレイの開発のために、エディンバラ大学とネピア大学の共同事業として設立された。
当技術は液晶に比べて消費電力が少ないなどの利点があると考えられている。同社は高分子有機発光ダイオード(P-OLED)開発の世界的企業。
2004年、ベンチャー企業の株式市場であるロンドンAIM市場に株式を上場した。上場時時価総額は1,570万ポンド(22億円)。本社はエディンバラ大学のScottish Microelectronics Centre内に設置されている。
  • 上記のほかに、1980年代にエディンバラ大学のKen Murray教授によって、遺伝子工学を利用したC型肝炎ワクチン製造方法開発された。この特許は、欧州および米国の共同研究者と共に設立した米国のバイオテクノロジー会社のBiogenにライセンス供与され、同教授が受け取る多額のライセンス料は、自然科学の教育と研究支援のために同教授が設立したチャリティー財団、Darwin Trustに寄贈された。

 

 

【3. インキュベーション・センター】

  • 【Edinburgh Technology Transfer Centre】
    ETTCは1987年の開設以来、スピンアウトやスタートアップ企業、または研究開発プロジェクト・チームに専門的な研究施設や廉価なオフィスを提供してきた。また、インキュベーション施設に入居している企業に、大学の研究施設や起業専門家へのアクセスやワークショップおよびネットワーキングへの参加機会の提供も行っている。
  • 【ETTC BioSpace】
    当インキュベーション・センターは、エディンバラ大学発の生命科学、化学、バイオ創薬関連企業のための専門施設の提供を目的に設置され、2人から6人用の小規模のスペースを提供している。
  • 【ETTC@Informatics】
    当センターは微生物研究室、ヘビー・エンジニアリング・ワークショップ、クリーン・ルーム、試験室などの広範囲の設備を備えている。
  • Scottish Microelectronics Centre
    当センターは、エディンバラ大学とスコットランド開発公社(Scottish Enterprise)の共同事業として、スコットランド地方の半導体やナノテクノロジー産業のための研究、イノベーションおよびインキュベーションのハブとして設立された。当センターは各種電子機器の開発および試験のための包括的なクリーン・ルーム施設を完備する。

 

 

【4. コンサルタント業務】

コンサルタント業務はERIの最大の収入源であり年間約5億円の収入をもたらしている。

【コンサルタント業務】
・現状の業務プロセスの評価 ・カスタム・メードの技術訓練
・臨床試験の設計及び評価 ・試験的プロトタイプの設計及び開発
・専門家による鑑定 ・新技術の実証試験
・助言及び意見の提供等  

 

 

【5. サイエンス・パーク】

現在、エディンバラ大学はエディンバラ市郊外に、以下のようなサイエンス・パークを開発中である。なお、これらのエディンバラ大学のサイエンス・パークは「Edinburgh Science Triangle」と名づけられた研究クラスターの一角を占めることになる。

Edinburgh BioQuarter
  当サイエンス・パーク構想はエディンバラ大学とスコットランド開発公社との共同事業である。エディンバラ大学医学部は当サイエンス・パーク内に移設され、それに隣接する100エーカー(約40万平米)の土地に、世界でトップ10に入るバイオメディカル研究成果の商業化拠点を構築することを目指している。将来的には1,200名のバイオメディカル研究者のコミュニティーを築き上げる計画している。当プロジェクト予算は、公的および民間資金を含め、12億ドル(1,020億円(*2))と見込まれる。
Edinburgh Technopole
  エディンバラ大学と民間不動産開発企業のGrosvenor社との共同事業としてエディンバラ郊外の126エーカー(約50万平方メートル)の土地にサイエンス・テクノロジー・パークを開発する構想である。技術開発をベースにした中小企業や大企業の研究開発部門に各約45,000平方メートルまでのオフィス・スペースまたは製品開発拠点を提供する計画である。

 

 

【6. 筆者コメント】

スコットランドのエディンバラ市を含む一帯は、通称「シリコン・グレン」と呼ばれるハイテク・エレクトロニクス企業誘致地域であり、半導体メーカーを初めとした多くの世界的エレクトロニクス・メーカーが進出している。2000年初期のITバブルの崩壊とともに、いつかのメーカーが撤退して打撃を受けたが、近年ではハードウェアのみならず半導体の設計やビデオゲームを中心としたソフトウェア産業も育ってきており、スコットランド開発公社の助成を受けながら産学連携によるハイテク産業の育成が進んでいる。また、スコットランドは世界初の成体哺乳動物のクローンとして、クローン羊を生み出した地域でもあり、高度なバイオテクノロジー研究の拠点としても有名である。

英国でも政府の緊縮財政政策により、今後、公的助成は大幅に減少していくと思われるが、景気低迷に伴う失業率の増加時期に、英国には外部に仕事が無いのなら自分で独立して起業しようという人も結構いるため、エディンバラ大学の例にもあるように、大学発の起業は増加する可能性もあると思っている。

なお、当レポートの執筆の完了直後に、三菱重工業によるスコットランド地域への洋上風力発電タービンの研究開発とエディンバラ大学スピンオフ企業への投資のニュースが入って来たため、以下に簡単にレポートする。

  • 2010年12月4日、BBCを初め多くの英国のメディアは、三菱重工業の子会社であるMitsubishi Power System Europe社が深海における洋上風力発電タービンの研究開発にエディンバラ地区に今後5年間で1億ポンド(140億円)の投資をすると大きく報道した。当プロジェクトには、スコットランド政府も3,000万ポンド(42億円)の投資をすることを表明している。このプロジェクトにより、2015年までには200人の新規雇用が確保されるとともに、将来的には大型風力発電用タービンの製造までを視野に入れている。三菱重工では、研究開発拠点としてエディンバラ大学のスピン・オフ企業として1994年に設立されたArtemis Intelligent Power社を買収し、同社の25人のスタッフを引き継ぐことを表明した。

 

注釈)

  • *1 1ポンドを140円で換算
  • *2 1ドルを85円にて換算
ページトップへ