ニュース - 速報・レビュー(レビュー) -

トップダウン型基礎研究支援制度の国際評価

掲載日:2011年2月24日

5年ぶりとなる科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業の国際的総合評価委員会が17-19日に開かれた。

国内ではこの1年ほど、日本学術会議を先頭に基礎科学の重視を叫ぶ声が目立つ。アカデミズムの世界ではトップダウン型よりボトムアップ型の研究費増を望む声が多数派と言ってよいだろう。CREST、ERATO、さきがけといった戦略的創造研究推進事業はトップダウン型の研究支援制度で、この恩恵を受ける研究者の数はボトムアップ型で支援される研究者よりはるかに少ない。ボトムアップ型かトップダウン型か、を全研究者にアンケートでもしたら、結果は明らかではないか。

国際的総合評価委員の顔ぶれは、澤岡昭委員長(大同大学学長)を初めとする日本人が7人で、海外から米国2人、英国、スウェーデン、シンガポール、フランスから各一人の計13人で構成されている。

委員会終了後の19日に開かれた記者会見には、評価された側の責任者、北澤宏一・科学技術振興機構理事長も同席し、澤岡委員長とエリックソン・スウェーデン・ルンド大学副学長、ウィンナッカー・国際フロンティアサイエンスプログラム推進機構事務局長が出席した。

記者会見で配られた委員会の評価、提言には、女性研究者の支援や国際性という面で改善すべき点があるといった厳しい指摘も含まれている。しかし、「本事業から細野秀雄(東京工業大学)教授の透明半導体、山中伸弥(京都大学)教授のiPS細胞を代表的事例として、数多くの画期的な研究成果が生まれており、研究発表や受賞などから見ても事業全体としての成果は世界のトップ水準である」という記述にみられるように、全体としては高い評価といえそうだ。これは記者会見における外国人委員2人の発言からも、十分に伺える。

提言の中に「優れた研究成果をイノベーションにつなげ、次の段階への展開を切れ目なく行うために、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)事業などとの連携も重要」というものがあった。画期的な基礎科学成果をいかに社会で役立つ技術に発展させるかは、北澤理事長なども前から認めている日本の科学技術振興上の大きな課題である。あらためて国際的総合評価委員会に指摘された事実は重く受け止めてしかるべきだろうが、これについてもエリックソン委員が、“柔軟”な意見を述べていた。

「なるべく物事は単純にすべきだ。しかし、あまり単純にしすぎると間違った状況を招く。科学技術振興機構のようなカルチャーを持った組織をNEDOや学術振興会と一緒にすればよさがなくなる。ある程度の重複がないと競争がなくなり、事業を一つにすると比較もできない」

ウィンナッカー国際フロンティアサイエンスプログラム推進機構事務局長からも「浮かんでいる船は修理しない方がよい、という。目利きの役割などいろいろな仕組みがうまくいっている。うまくいっているならあまり触らない方がよい」とこれまた現状を評価する発言が続いた。

日本のトップダウン型基礎研究支援の仕組みは、海外先進国から見ればうまく機能している。両外国人委員の発言から見る限り、そうみなしてよさそうだが、国内の見方にどれだけ影響するだろうか。

【この記事へ読者コメント】

 
正しいプロジェクト選択の大切さ
投稿者:山形方人 2011年3月2日掲載

日本のプロジェクトの外部評価というのは、国内的なもの、そして国際的なものも含めて、本質的な評価になっていないというのは明らかでしょう。もちろん、外部評価が、プロジェクトに対して破壊的な批判をする必要はないと思います。しかし、現状は「評価者そのもの」がその選考からその意見にいたるまで何らかの理由でプロジェクト推進関係者にコントロールされており、プロジェクトの自己正当化とプロジェクトにとって都合のよい評価がなされるようになっているのではないでしょうか。もっと言ってしまえば、プロジェクト関係者にとって都合のよい事項を、評価者に言わせることで、その事項の実施を正当化するという点が多いことが目につきます。特に外国人の評価者に言わせることは効果的かもしれません。

本コラムで紹介されている国際的総合評価委員の指摘する「数多くの画期的な研究成果」という点からみても、それらの成果が大型プロジェクトが存在したゆえになされたというより、その前に画期的な研究成果の芽を生み出したボトムアップ型の研究費の存在が大切であったといえるのではないでしょうか。私が思うところ、現在のCRESTやERATOなどの研究費の本質的問題は、その研究プロジェクトに本当に効果あるプロジェクト、あるいはその成果が真に応用化、汎用化されるようなプロジェクトを選択していないというところにあります。

例えば、ある個人を有名にするというような政治的な理由やこの人は論文を沢山発表するという可能性だけで、具体的な研究目標に合理性が認められないにも関わらず、これらの研究費を与えてみたりする例は枚挙に暇がありません。つまり本来、ボトムアップ型の研究費で支えるようなタイプの研究に、CRESTやERATOなどの多くが利用されてきたという点です。研究費を利用して、数多くの論文を書いたり、Natureなどの一流雑誌に1,2報発表したところで、大切なのはその内容であって、「個人の知名度を上げること」「報告書の厚さ」「やらせの新聞発表」がプロジェクトの目的ではないのです。また選ばれた人材にも、このような目的を理解した大型プロジェクトの遂行に不適格な人物が多いと思います。

私の専門とする脳神経科学分野でも、このような大型研究費が大きな効果をもたらすだろうコネクトームやコネクトミクス研究などが考えられますが、諸外国(中国、韓国などを含めて)に較べて、日本国内のリーダー的研究者の見識の低さと既得権益から、大きな遅れをとっています。これらのプロジェクト研究費の概念と特性を理解した倫理観ある研究者やプログラムオフィサーにより、真に効果性の高いプロジェクトを選ぶことを期待します。

 
ページトップへ