サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(レビュー) -

『内向き志向』批判より大事なことが?

掲載日:2011年1月14日

黒川 清・政策研究大学院大学 教授(前日本学術会議 会長)の寄稿「休学のすすめ 海外出る若者応援しよう」が、14日の朝日新聞朝刊・私の視点欄に載っている。海外へ留学する大学生が減っていることを嘆くより、若者の留学を後押しする方策を考える方が大事という主張だ。

成人の日(1月10日)に各新聞に載った社説は、いずれも成人式を迎えた若者を力づけるトーンにはなっていた。しかし、若者が内向きになっている現実を前提にしているような記述も見える。「電車でゲームや携帯に没頭する君たちを見ると大丈夫か、と心配が先に立つ。世間の情勢を知れば、暗くなるからと、現実から目をそむけていないかと疑いたくもなる」(朝日新聞)、「今の若者は、バブル崩壊後の90年代に育ち、時代の閉塞感を敏感に受け止めて来た世代でもある。安全で確実な道を歩みたい気持ちが強いのかもしれない」(読売新聞)。

「今の若者は内向きだといわれる」とまずは書いて、「若者が海外勤務を避ける一因も企業内の処遇にあるといわれる。海外で得た知識や経験を生かせないような状況が若者の萎縮を生んだとすれば、企業の責任は大きい」と上の世代の責任を問う日経新聞の社説もあったが…。

黒川氏は、昨年12月16日に政策研究大学院大学で開かれたシンポジウム「アジアとの共創の時代に向けて」で、「(今の若者の)親たちは米国に行ったりしたかもしれないが、それは会社の命令でそうしたに過ぎない。外国に行けば自分も出世できるのではないか、という『終身雇用、年功序列』神話のもとに行っただけだ」と、問題の根はむしろ今の若者の親たち以上の世代にあることを厳しく指摘している(2011年1月11日ハイライト・黒川 清氏・政策研究大学院大学 教授、前日本学術会議 会長「休学のすすめ-日本が求める人材とは」参照)。

さらに「若者の『内向き志向』はつくり話」と切って捨てる人もいる。元世界銀行副総裁の西水美恵子氏だ。毎日新聞11日朝刊の連載記事「明日への視点」で次のように言っている。

「『自信喪失した日本人』と書き立てているマスコミや政治家、大企業の社員が自信を失っているだけなんじゃないですか?」

西水氏は、こうした自信を失っている人たちのことを「元気がない上に危機感もない。大企業や官僚組織で終身雇用と年功序列に守られているからです。要するに甘やかされているんです」と容赦ない。

では、当の若い人たちはどのように今の状況を見ているのだろうか。

黒川清氏のオフィシャルブログ「休学のすすめ - 若者は内向きなの?」でも紹介されている榎木 英介・NPO法人サイエンス・コミュニケーション 理事の1月11日付サイエンス・コミュニケーション・ニュース巻頭言「『若者は内向き』の欺瞞」が、少なからぬ若者の気持ちを代弁しているかもしれない。

榎木氏は、米国で挑戦しノーベル賞を受賞した根岸英一氏や米国で教授までなった黒川清氏たちが言うのは分かる、とした上で「若者の内向き志向」という批判に反論する。

「留学経験者に問いたい。あなたは『片道切符』で行ったのか。会社や官公庁のお金で留学したのではないのか。また、戻ってくるポジションがあって留学したのではないのか。言いたいのは、『リスクを負わない若者』ということを言っている人たちが、リスクを負って行動したのかということだ。もう一点言いたいのは、果たして今の日本は、リスクを負って行動した人たちを尊重する社会なのか、ということだ」

【この記事へ読者コメント】

 
海外経験豊富なリーダーを制度的に増やす
投稿者:山形 方人 2011年1月18日掲載

若者が内向き指向になり、海外へ留学する、研究しに行くというケースが減り続けていることは、データ的にも、そして長期間、海外(米国)に滞在している私も実感しております。そして、それが日本の将来において、そして日本の活躍を期待する世界の将来にとっても、危惧すべき状態になってきているという点についても同感です。「海外へ留学する大学生が減っていることを嘆くより、若者の留学を後押しする方策を考える方が大事 」という黒川清氏の意見にも強く賛同いたします。

後押しする方策としては、政府、特に文部科学省やその所轄法人の行う様々な事業があると思います。原因を様々な観点から分析した上で、「後押し」する方策の立案、実施が必要でしょう。しかし、国家財政にも大きな問題を抱えている現在、大きな財政的な出動は困難を伴います。そこで私が提案したいのは、既存の様々な制度を簡潔に変えてみることです。

20,30年前だと、私の研究領域(生物医学系)では、海外での生活経験のない研究者は「教授」のようなポストにつくことが極めて難しいというコミュニティにおける暗黙の了解のようなものがあったように思います。しかし、ここ10年ほど、海外経験がほとんどない研究者が教授、更には「グローバルCOE」のリーダーになるというような滑稽な例が多く見受けられるようになりました。特に、最近、海外経験がないほど、日本にいる時間が長いというだけで日本の学会などでよく知られるようになり(黒川清氏が指摘する「ガラパゴス化」現象のひとつ)、リーダー的な地位に就任する研究者が多いという奇妙な現象があることです。つまり、若者の海外経験をディスカレッジするようなことがトップレベルで起っているのです。

私の提案としては、このようなCOE的な組織のリーダーや各大学のリーダー、更には学会のリーダーなどには、海外経験の豊かな人材を積極的に登用する。更には、そのようなリーダーになるためには、一定期間の海外経験が要求されるような明確な「制度」を作ったらよいと思います。つまり、海外経験がないと不利益になるような罰則規定や制度をつくることです。具体的には、「学術振興会のグローバルCOEのリーダー研究者は2年以上の日本国外での研究歴を有すること」というような規定を作ることです。このような規定を作るには全く財政が必要ありません。もちろん、このような制度を実施すると、既得権を持ったリーダーが反対するということが見られると思いますが、そのことに大きな問題があるのだと思います。一般には、海外経験のあるリーダーほど、日本社会の問題点や有利さに鋭く気づき、若者の「後押し」になる方策を実施するのではないでしょうか。まずはリーダーの人材、そしてその考えを変換することが先決であると思います。つまり日本のリーダー人材の変換による制度的な「イノヴェーション」です。こういう状況を見れば、若者は我こそはと思い、海外経験を積むようになるのではないでしょうか。

大事なこと:日本への留学生が増えていること
投稿者:miner 2011年1月17日掲載

私も「『内向き志向』批判」をする人々は見識に欠けると思う。かといって、本レビューが紹介している「『内向き志向』批判への反論」も、ただ単に、年寄りに批判された若者が年寄りにやり返しただけで、どんぐりの背比べだ。大事なことは、他にある。

どのニュース記事だか忘れたが、外国へ行く日本人学生が減っている一方で、外国から日本への留学生が増えていると書いてあった。すなわち、日本が進んだ知識を提供する側になっているのである。もちろん、これは、去年や今年に始まったことではない。それなのに、マスコミも著名人も世間も、この点になぜ注目しないのか?

私が知る限りでは、この点を堂々と指摘した有名人が一人だけいる。自民党最後の首相としてマスコミでは評判の悪かった麻生太郎氏である。あの人は、日本は"Thought Leader(実践的先駆者)"であるべしと言った。BBCだかのインタビューでは、日本は「BEEN THERE DONE THAT の国である」(世界に先駆けていろいろなこととすでに経験してきた国だということ)と答えていた。リーマンショックへの対応のときも、その姿勢は明確で、日本はすでに似たようなことを切り抜けてきたから、その経験を世界に紹介し、参考にして貰うのだといっていた。

そろそろ、遅れた日本と進んだ海外(海外といっても、欧米しか目に入っていない場合が多いようだが)という色分けで世界を見ることを止めるべきだ。

そして、日本人は自国の経験と能力に誇りを持ち、それを活用して世界の中で責任を果たすという考えに変えていくべきだ。

小さい頃から舶来もの信仰に染まってきた人にとって、宗旨替えは、困難なのかもしれない。だからこそ、日本への留学生が増えているという事実がありながら、それに言及する人がほとんどいないのだろう。そして、いつものように、このままでは日本はだめだ、だめだと、日本の状況を悪くいうことしかしない。

海外から謙虚に学ぶのだと言えば聞こえが良いかもしれない。しかし、それでは知識の消費者のままだ。そろそろ、価値観を転換して、知識の生産者(提供する側、作る側)として、世界に貢献しようという意識を日本人全体が持つべきだ。実態としては、すでに日本は生産側にいると私は思う。足りないのは、それを意識することと責任感である。

蛇足だが。。あるノーベル賞受賞者が最近、内向き指向について批判的な発言をしていたが、それも所詮は、古い世界観だと言わざるを得ない。ノーベル賞受賞者と言えども、若い頃の業績がずば抜けていただけで、今はお年寄りなのである。この方は、米国に行って厳しく鍛えてもらって、賞が取れたのだろう。それはそれで良いが、その成功体験を、今の若者がまねしても同じようには行かない。

理系でありながら中東へ留学し、片道切符で米国へも留学した30代の意見

 
ページトップへ