ニュース - 速報・レビュー(レビュー) -

『はやぶさ2』プロジェクトは挑戦的か

掲載日:2010年7月15日

宇宙航空研究開発機構が、小惑星探査機「はやぶさ2」プロジェクトについて宇宙開発委員会に報告した。新聞各紙が15日朝刊でこれを伝えている。

「はやぶさ」の地球帰還を機に、はやぶさプロジェクトマネージャー、川口淳一郎氏はあちこちのメディアに引っ張りだこだ。同じ15日の毎日新聞朝刊特集欄には、ノーベル賞受賞者の田中耕一氏との対談記事「はやぶさに挑戦心を見た」が1ページをつぶして載っている。

「日本には失敗を恐れる文化、あるいは100%過去の成功の蓄積の上に立った計画でないと進めないという悪い癖があるようです。はやぶさは、ひょんなことから実現しましたが、日本的な考え方からするととても通らなかった計画だったと思います」

「最近の大学院生や若手研究者は『研究は(本や論文を)読むことから始まる』と思っている。しかし、それらは既に過去のもの。そんなものを読んでも新しい発想は生まれません」

「はやぶさ」計画は、当初、米航空宇宙局(NASA)もあまりに野心的な構想に驚いたといわれる。その計画を実現し、かつ成功に導いた川口氏ならではの心意気を分かりやすく伝える言葉が対談記事には並んでいる。

では、「はやぶさ2」プロジェクトは、「はやぶさ」ほどの大きな関心と感動を内外の専門家や普通の国民から集められるだろうか。標的は「イトカワ」とは性格が異なるとはいえ同じ小惑星であり、往復の技術も「はやぶさで実証できた技術は継承し、ロバスト性、確実性、運用性を向上」させたものという。

「はやぶさの後継機についても、挑戦心を失わないようにしたい」。川口氏は、毎日新聞の対談記事をそんな言葉で締めているのだが。

【この記事へ読者コメント】

 
何事も初めてやる時は挑戦
投稿者:iwa 2010年11月30日掲載

>儲かりますかねぇ さん

>そもそもなぜ「はやぶさ」を科学として取り上げるの?工業技術でしょ。しかも結論は失敗だし!もともとは地表面に着陸してサンプルを採取して帰還してこそ、宇宙での実証実験が成功
工学試験機であると同時に、小惑星の科学観測も行なってますので誤りではないでしょう。あとサンプルは先日イトカワ由来と確認されましたね。

>もちろん国家としてよりJAXAの丸儲け。
参画した各メーカーが得られた技術をスピンオフすることになります。

>イトカワなんて命名権まで購入して…
発見したMITの研究者に日本側が依頼して命名して貰ったもので、金銭のやりとりはありません。

>本当に地表面で採取されたのか、宇宙か天体周囲に漂うチリを集めたものか、メカニズムが正常に動作したのか偶然かわからない
リモートセンシングで得られた小惑星表面のデータと元素含有率などで同定しています。

>派手に目立つからといってマスコミの視聴率競争利用して税金であたかも子供の夢まで買えますみたいにごまかして使い続けるより、もっと地道で堅実なプロジェクトや研究者にチャンスを与えたら?
打ち上げ当初それはそれは地味な扱いでしたし、結果的にこれほど目立たなければあなたの目に留まる事もなかったでしょうね。それはおそらくどの研究も同じ事で、未だ人目に付かない挑戦的なプロジェクトもあることでしょう。科学技術を発展させていくためには堅実なプロジェクトもどちらもバランスよく進める事が大事だと思います。

科学技術じゃなく工業技術でしょ?学術目的より転用目的じゃない?
投稿者:儲かりますかねぇ 2010年11月17日掲載

そもそもなぜ「はやぶさ」を科学として取り上げるの?工業技術でしょ。しかも結論は失敗だし!もともとは地表面に着陸してサンプルを採取して帰還してこそ、宇宙での実証実験が成功ということで、特許はもちろん各国から宇宙開発、武器や兵器など軍事への転用含め、膨大な利益を見込んでいたはず。もちろん国家としてよりJAXAの丸儲け。

日本人にビジネスというとカネがでないから「学術研究」っぽいタイトルをつけてイトカワなんて命名権まで購入して…工業というとカネが見えるから、科学に分類して…本当に地表面で採取されたのか、宇宙か天体周囲に漂うチリを集めたものか、メカニズムが正常に動作したのか偶然かわからないし、いずれにしてもJAXAの言い値で買ったり払ったりする国や機関があるとは思えない。まぁ、ディスカウントするんだろうけどね。

派手に目立つからといってマスコミの視聴率競争利用して税金であたかも子供の夢まで買えますみたいにごまかして使い続けるより、もっと地道で堅実なプロジェクトや研究者にチャンスを与えたら?

はやぶさ2は挑戦的
投稿者:Taki 2010年7月26日掲載

はやぶさ2の目的地は1999JU3というC型小惑星です。C型はイトカワのようなS型と異なり、炭素質隕石のように細粒の炭素粉末、含水鉱物、有機物、そしてもしかしたら水の霜などがあるかもしれません。試料採取の危険性が高くなるのはもちろん、搭載するリモセン機器も波長帯が異なることによる新規開発や、小惑星が暗いことから来る高いS/N比が必要になるなど、挑戦的項目は多いです。

目的を明確に
投稿者:makoto 2010年7月21日掲載

挑戦的であるべきかどうかは、そのミッションの目的によって異なる。
純粋に科学的成果を最大にするという目的であるならば、挑戦的な新たな機器設計は必要ない。はやぶさで不具合が見つかった部分を改善し、冗長性を持たせることで飛行成功確率をあげることに注力すべきだろう。

一方で、はやぶさ2が直接かかわる科学的探査だけでなく今後のさらなる遠方での探査等をも視野に入れた目的を掲げるのならば、ある程度ハードルの高い技術的挑戦を取り入れてもいいはずだ。しかし挑戦的である分、科学的成果が十分に達成されない可能性もある。事前・事後の評価においても、何を目標にして何が達成されたのかをきちんと見定める必要がある。

「はやぶさ」ほどの盛り上がりはいらない
投稿者:pp 2010年7月16日掲載

>「はやぶさ」ほどの大きな関心と感動を内外の専門家や普通の国民から集められるだろうか。標的は「イトカワ」とは性格が異なるとはいえ同じ小惑星であり、往復の技術も「はやぶさで実証できた技術は継承し(略)向上」させたものという。

はやぶさ2に、あんな特異的な盛り上がりを期待するのは間違っているし、盛り上がりがなかったからといって、その価値が下がることもない。そもそも、はやぶさへの熱狂は、相次ぐ不具合・失敗からくるドラマ性が原因であり、大規模プロジェクトのあるべき姿とは言えない。つまらないくらい計画通り進むのが理想である。

太陽系についての理解を深め、謎を解くという目的を考えれば、1カ所に行っただけでは全く不十分(ゼロよりましだが)。札幌に行っただけで、北海道の地質を調査しましたといっても通用しない。むしろ、イトカワと同じ型の小惑星に再訪問し、サンプルを取ってきたって無駄にはならない。

アポロ計画ですら、11号(最初)は盛り上がったが、13号(3回目)の打ち上げはテレビ中継もなかったらしい。13号は事故が明らかになって初めて、大衆の注目を取り戻した。大衆の興味に迎合していては何もできない。アポロ計画は17号まで、6回、異なる場所を探査し、多様な情報を得た。その前のサーベイヤー計画では、7回中2回失敗している。ソ連の月探査もサンプルリターンだけで2回。(http://www.lpi.usra.edu/lunar/missions/) 火星探査は、米ソとも失敗ではじまっている。マリナー計画の火星探査は、6回中2回失敗(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E6%98%9F%E6%8E%A2%E6%9F%BB%E6%A9%9F) 何度も行って、失敗も許容し、幅広い観測をして初めて広い視野がもてる。

探査機本体については、毎回新しい必要はない。砂漠のピラミッドを調査する研究者が、毎回、新技術満載の新型車を使うだろうか?

「『小惑星』に二度も行くのは無駄」と少しでも思うのは、あまりにも視野が狭い。小惑星は確認されているだけで23万個もあるのだ。元々、意味のあることをしたいなら、一回で済む話ではないのだから。

 
ページトップへ