サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(レビュー) -

多くの国民の支持を求めるなら

掲載日:2009年11月27日

行政刷新会議の事業仕分けに対し、学術界が激しく反発している。25日、ノーベル賞受賞学者、フィールズ賞受賞学者5人が記者会見し声明を発表したのに続き、翌26日にはこの声明に名を連ねていなかった2人を含むノーベル賞受賞者6人が鳩山首相に直談判した。受賞者たちは官邸に来られなかったさらに2人を加えたノーベル賞受賞者8人連名の要望書「卓越した科学技術こそ我が国の生命線」を首相に手渡し、「新政権が高い見識に基づき、次の世代の豊かな未来への投資である科学技術に対して格別な配慮をする」よう求めた。

この問題に関する連日の新聞報道からみるとこうした学術界の反撃が功を奏しつつあるように見える。ただし、学界、大学、研究機関などが注意しなければならないこともあるのではないだろうか。事業仕分けそのものに対する一般国民の支持は依然強いように見えるからだ。各紙の記事の中にも数は少ないとはいえそれをうかがわせるものがある。

日経新聞は26日朝刊で「『スパコン』機に科学技術予算をメスに」という社説を掲載した。「スーパーコンピューターは気候変動の予測や自動車の設計などで欠かせない技術だ」と評価する一方、「『世界一を目指す』という文科省の説明は、「研究者にとって使いやすい装置にする発想を欠く」と批判している。競争的研究費の効果を認める一方で「8府省で44もの制度が乱立する」事実などを指摘し、「似通った事業を整理、再編し」「政府の研究開発投資の質を高めメリハリの利いた予算配分」を求めている。

同紙は翌27日の朝刊一面コラム「春秋」でも「科学の分野はとりわけ世間の目が届きにくい。ノーベル賞の業績を聞いてぽかんとするほかない門外漢にも、税金の行方を詮索する権利はあろう」と念を押している。

朝日新聞も27日朝刊社説に「国の基盤、ゆえに精査を」という社説を載せ、「今回の仕分けは、あまりに一方的との批判も強いが、意味もあった。一つは、予算を求める側には本来、その必要性をきちんと説明する責任があると示したことだ」と書いている。「国立大学の法人化の是非が問われ、各省ばらばらの研究費の配分態勢にも注文がついた。もっともな指摘だ」とも。

日本のメディアはノーベル賞受賞学者に大きな敬意を払ってきている。今回も受賞者たちの動きを詳しく報道しており、結果的に学術界の肩を持つことになりそうだ。ただし、次世代スーパーコンピューター開発計画などが息を吹き返す結果になったとしてもそれで学術、科学技術に対する国民全体の確たる支持も得た、あるいは国民の科学リテラシーも相当なところにあるなどと思うのはどうだろうか。

ノーベル賞受賞者の一人として緊急声明発表、首相への直談判と積極的に動いている野依良治 氏・理化学研究所理事長が開発実施本部長を務める渦中の次世代スーパーコンピューター開発プロジェクトは毎年、シンポジウムを開き、研究者、技術者たちへの情報共有と一般国民への説明責任を果たす努力を続けている。前者はともかく後者の効果はどうだろうか。10月7日に都内で開かれたことしのシンポジウムがどのようなものだったか、理化学研究所のホームページを開いてみた。

シンポジウム概要報告というサイトがある。プログラムが再録されており当日の基調報告者、パネリストの一人一人にPDFマーク付き、クリックすると話した内容を見ることができるようになっている。しかし、これは講演者が当日使用したパワーポイントだ。それ以外は全体討議(パネルディスカッション)の結果が「提言」として掲載されているだけである。パワーポイントはシンポジウムの前に用意されていたもので、普通の人がこれから話の内容を十分理解することは困難ではないか。「提言」も関係者ならプロジェクトの進展で問題になっていることを推測できる内容かもしれないが、一般国民にも分かりやすいとは言えない。シンポジウムでどのようなことが議論の焦点になったか、次世代コンピューター計画が着実に進んでいるかどうかを一般国民にも納得させるような内容とは言えないのではないか。

一般国民に対する説明責任の重要性が科学技術基本計画に盛り込まれたおかげで、各研究機関、プロジェクトに関するシンポジウムや成果報告会は一昔に比べると非常に盛んに開かれるようになっている。しかし、開催しっぱなしと言う印象のところがほとんどなのはどうしてだろうか。せっかくいろいろな人が報告や意見を述べたのに、詳しい内容がホームページなどで報告されている例があまりに少なすぎる。開催費用の一部を回すだけで、どのようなことが基調報告で話されたか、パネルディスカッションで論議されたかを詳しく丁寧にホームページに掲載することなどできるのではないか。そうすれば誰でもウェブサイトで後からプロジェクトの進捗状態や、そもそもの開発意義も知ることができる。会場に足を運んだ数百人にだけ分かってもらえればよいとでも考えているとしたら、不親切でもったいない話だ。

行政刷新会議の事業仕分けであらためて一般国民の理解と支持の大切さに気づくくらいなら、シンポジウムや成果報告会の内容をきちんと、かつ分かりやすくホームページで報告するくらいの日ごろの努力もまた十分に払うことも考えてはどうだろうか。次世代スーパーコンピュータープロジェクトに限らず。

【この記事へ読者コメント】  
スパコン事業の事業仕分け結果に対する反論への反論
投稿者:aohmusi 2009年12月 7日掲載
理由 多くの場合事業仕分け内で批判された点に対する明確な答えになっていない。

論点

・仕訳人は意義については賛成である点(引用1)
仕訳人の側が総論賛成であるのにも関わらず、多くの場合は事業意義を主張している

・事業計画の妥当性と、仕様変更後の見直しの妥当性(引用2)
計画変更をせざるをえなくなった事業計画は妥当であったのか
大きな仕様変更にも関わらず、どのような点で事業継続に妥当性があるか、明確でない

・科学技術開発と人材育成(引用3)
見直すことが本当に技術開発や人材育成に大きな影響をもたらすのか

・利用者にとっての事業の意義(引用4、5)
見直す事の利用する側にとっての影響
利用審査組織の妥当性
他の開発と比べて10ペタマシン一台を作る意義はどこにあるのか

・緊急性(引用6)
今、急いで開発する意義についての妥当性はどれほどあるのか
報道されている部分的な事実を、拾い集めて批判されているような反論しかぐらいしか科学者の側からの反論があまりありません。
多くの有能な科学者が主張しているはずであるのに主張が少し短絡的に思えます。
科学技術予算削減に対して単に反発していて政治決着をさせようとしているようにしか見えません。
政治的な活動をするより予算を公正に活用する方が、科学振興になるかと思うのですがみなさんはいかがお思いでしょうか?

以下引用
いずれも、事業仕分けを文字に起こしたものから

引用元サイト
http://mercury.dbcls.jp/w/index.php?%A1%CA%C6%C8%A1%CB%CD%FD%B2%BD%B3%D8%B8%A6%B5%E6%BD%EA%AD%A1%A1%CA%BC%A1%C0%A4%C2%E5%A5%B9%A1%BC%A5%D1%A1%BC%A5%B3%A5%F3%A5%D4%A5%E5%A1%BC%A5%C6%A5%A3%A5%F3%A5%B0%B5%BB%BD%D1%A4%CE%BF%E4%BF%CA%A1%CB%A5%C6%A5%AD%A5%B9%A5%C8


引用1=================================================
理研?)   私、科学者といいますか、研究者でございますので、研究者としての立場から発言をさせていただきたいと思っております。
先ほどから例えば費用対効果の話が出ておりますけれども、サイエンスには、費用対効果というのが馴染まないものというのももちろんございます。もちろん、経済効果とかそういうことも必要でございますけども、そういう部分もございます。例えば、基礎科学の分野でいいますと、宇宙のビッグバンは一体どうやって始まったのかとか、鉄以上の元素はどうやってできたのかとか、あるいは星の誕生というものはどういうものかとか。これは、実はこれができるのはシミュレーションだけなんですね。こうした大型…スパコンを使ったシミュレーションだけです。それから、地震のシミュレーションにしてもですね、…
進行役)   あのー、その一般論はみなさん共通の認識ですございますので…
理研?) はい。ですからその、そういう…
進行役)   これだけのお金をかけて、これを、来年度やる必要性について具体的にお答え下さい。
理研?)   ですからこうした、国民に夢を与える、あるいは世界一を取ることによって夢を与えることが、実は非常に大きな、これは、このプロジェクトのひとつの目的でもあり…
)  あの、思いもすごくよく分かるし、国民に夢を与えるものは私たち全員否定しているものでは全然ないんですね。


引用2=================================================
)  あのですね、平成17年の11月に事前評価があって、プロジェクトの実施が妥当とされたと。そして19年9月に評価があって、複合システムとすることを決定したと。一方で、これまでの今日の話をおうかがいをしていますと、ちょっと、およそ責任が感じられないんですね。
例えば複合型からスカラー型にうつることについて、ベクトルの影響は限定的であると、最初からそういうことをおっしゃられているわけですね。これは、果たしてほんとうにベクトル型を一緒に含めた複合型でやる必要があったのかと。科学技術会議の判断が間違っていたのか、みなさんのミスリードだったのか、それとも不確定要因があったのか、これははっきりさせていただかなきゃいけないということと、さらに今、競争関係にあるとおっしゃいましたね。これ、当時の科学技術会議の中でも指摘があったと思うんですが、そもそも競争関係にあって、別な企業同士やってることを、無理に複合型でやったこと自体に問題がなかったのかどうなのかと。
だってもう世の中の大勢はスカラー型で行こうとしている中で、あえて複合型でやって、まあベクトル型は確かに日本のリードしていた分野であったかもしれませんけども、しかし今になって結局複合型が分かれてしまったということについての責任は果たしてこれ、どこにあるのかと。これだけ国費を投入してきて、設計がほとんど終わって今からというときに仕様が変更されるということについて、これは非常に疑問を感じざるを得ないと、いう意味では、やはり計画、やっぱりもういっぺんこの総合科学技術会議に戻すなり、内部の評価委員会ではなくて、戻すなりしてもう一回再検討するのが、私はやっぱりこれ、筋ではないかと思うのですが。
報道されている部分的な事実を、拾い集めて批判されているような反論しかぐらいしか科学者の側からの反論があまりありません。
多くの有能な科学者が主張しているはずであるのに主張が少し短絡的に思えます。

また、引用5でノーベル賞 受賞者によるスパコン事業への介入に疑問を呈しています。
にもかかわらず、まっとうに反論していない彼らは本当に、事業仕分け全容を知っているのでしょうか?
科学技術予算削減に対して単に反発していて政治決着をさせようとしているようにしか見えません。
政治的な活動をするより予算を公正に活用する方が、科学振興になるかと思うのですがみなさんはいかがお思いでしょうか?

以下引用
いずれも、事業仕分けを文字に起こしたものから



引用3=================================================
)  えっと、見直し…立ち止まって見直しをした方がいいと思います。当初の目的をどれほど達成しているのかどうか、NECが途中で抜けたことも含めて、無理がなかったのかどうか、等々いっぱいあると思いますよ。
人材育成というのはみなさんは、利用者だけのことじゃなくて、作る人の人材育成、ある種の継承性もあるわけです、そこも含めて何ら考えていないような気がする。要するに、1社だけ残ったところで、残りの2社は全然コントリビューションしてないわけでしょ。その観点からいうと非常に大きな問題だと私は思う。ですから私が思うのは、一度立ち止まって、一年ほどかけて見直しをやるということが必要じゃないかと思いますね。一番効率的…これは(…)と違って、止めたからといって、技術は残りますから、それを使って、性能は落ちるにしろ、作って、使ってもらう。
例えばベクトル機は排除ということになりましたけど、たとえばIPCCでコントリビューションあったからって3年後やるために、やっぱり今、プログラムが書けないと大変ですよ。書き直した結果が正しいかどうかという検証も含めなきゃダメだから、そう簡単にはいかないんですよ。だから同じ機械があって、使ってやった方がよっぽど楽ですよ。そうやってトータルとして研究者の時間の価値を考えると、できるだけ少量の、効果的な方法とマシンを入れてやるってのはありますからね。そこを含めてちゃんと見直した方がいいかと思いますが。というのが私の意見です。


引用4=================================================
)  だから研究の場合には、これがないからって日本の研究が全部ダメになるわけじゃないわけでしょう。IPCCのなんとかで日本のコントリビューションがなくなるわけじゃないし、たとえばここに書いてるような、自動車の衝突実験やるときに、このコンピュータ使わなくたって、今までのやつである程度はできるわけだし。もうあらゆることがね、これができなけりゃ全てダメになるって話じゃないわけですよ。だからその、科学としてここまでやるから、これがないとダメなんだという言い方はおかしいでしょうと言ってるわけね。で、今あなたがおっしゃったように、まさにそうなんだから、別にこのプロジェクトを一回立ち止まって見直したって、日本の国益にとってなんのマイナスにもならないでしょうということです。


引用5=================================================
で、それとまず使わせ方について。一般利用者集めると、課題選定組織みたいなのを作って、そこに選定させようとしてますけどね、それはまず、課題審査をやるときに、審査員の方々やられますね。その方がたとえノーベル賞を取られた方としても、なるほどその分野についてはよくご存知かも分かんないけども、研究というのはなにが化けるか分からないんですよね。だから学識経験者が正当に判断できるかどうか疑わしいところがあるわけですよ。その点大型センターがうまくいったっていうのは、ただお金があれば、交通整理的な利用料金しか取ってませんから、非常に少額ですよ。だから、民間の企業だと10倍とか100倍ぐらいかかるんで、ほんとうに少ない金額です。ほんとうにやりたいという意欲があれば、意欲ですね、ないとだめですよ、あれば、できる状況にあるんですね。
で、ペタみたいな1個だけ。あ、もうひとつ、複数のセンター作る部分の問題は、デバッグやるときに、やっぱりフルコースで使わざるをえんわけですよ。その間、本来の計算が止まるんですよね。そういうことがあって、複数個があってやると、実際使うときに10ペタあったとしてもですね、そんなん使うことまずない。1ペタを10台に分けてやった方がよっぽど(お金?)、みなさん助かるということにはなるんだと思いますよ。
それで、見ててですね、現場というか、こうやれば日本のインフラ整備、あるいは外国に互して、競争できるような人材を輩出するような形のね、構図になってないような気がするんですよね。それが私の感じるところ。それでいずれにしろ、その… 東大 金田康正教授)


引用6=================================================
)  あのー、ひとつだけ。これは国民目線から見た場合非常に分かりにくい議論になると思うんですが、これを基礎研究とした場合に、このスパコンを作るというのはかなり労働集約型の気がするんです。すいません、私素人だから間違っているかもしれません。普通のノーベル賞だとか、画期的な技術開発っていうならまだ分かるんですが、これはかなり労働集約型、それで金田先生がおっしゃったように、一定のところで蓄積があるならば、それは別に死なないと。
それから、世界一を取らなきゃいけないというけれど、日米の競争があるっていったら、じゃあドイツだとかフランスだとか、その他のヨーロッパ諸国はどうなんだろうかっていうと、そこの企業も全部潰れちゃうのかっていうと、そんなのはないだろう。ということは、日本の全ての企業が大ダメージを受けるということでもなさそうだ。というようなことだと、やはり積み上げ型で、どうしてもこの時期にやらなきゃいけないというのがやっぱり見えないんですね。もう少し遅くたって積み上げ型だったらできるんじゃないか。
そのときで、もし…いや、お金があれば今やるべきだと思います。ただ、お金がないときだからこそ、ちょっとそのスピードを遅らせるのか、あるいはいったん見直しながらもっと効果的なものをやるのか、あるいはアメリカの開発を一番を取らなくてもいいからその一番を見ながらその次のステップを考えるのか、やっぱり一回見直すべきじゃないかなというのが、こう、まあ素人的に見てですね。特にこれは労働集約型だなあと思うので、そう思うんですが、そのへんはいかがでしょう。


科学とマスコミ
投稿者:アメリカ在住 2009年12月 1日掲載
私はアメリカ在住のとある州立大学にて博士課程に籍を置くものですが、とにかく日本は科学技術系の書籍の少なさに悲しくさせられます。
街角のチェーン店では数学や物理と言った書籍を見かける事自体、おそらく皆無ですし、都心の大型書店でさえ、本棚一つそろえてくれているようなお店は滅多にありません。
雑誌に至っては科学技術をまじめに取り扱っているのはニュートンだけではないでしょうか。

アメリカではBordersやBarnes&Nobleと言ったどこにでもあるチェーン書店に出かけても、科学や数学系の本棚を一つは設け、雑誌もScientific AmericanやAmerican Scientist、Technology Reviewなど、最低数種類は取り揃えているのが一般です。

このような雑誌は科学に興味のある方々はもちろんの事、ほかにも絵や写真を多用してわかりづらい先端の研究内容を翻訳し、一般の方々にわかるようにする役割も担っています。

さて、本レビュー記事に記載されている通り、科学技術予算の目的や内容がわかりづらいとか、『予算を求める側には本来、その必要性をきちんと説明する責任がある』とのご指摘の声があるとの事ですが、本来科学者にこうしたスポークスマン的な内容の物をすべて直接求めるのは、『科学者のハシクレ』さんの指摘されるように、それは酷であり、的外れでさえあります。
アメリカからみると、これはむしろマスコミや書籍・情報の流通の問題です。

確かに科学者は何でも好きな事を好きなように、税金を湯水のように使ってやっていればいい訳ではありません。
これは税金を使って科学に従事するもの一人一人が常に自覚しなければならない点です。
しかし、科学というのは狙った通りに進むものでは必ずしもなく、むしろ偶然や本来の研究内容から一見それたような部分から突如進展する事も少なくない訳で、一般の会社や行政事業とは大きく性格を異にします。
ですから簡単に『実現の見通しが低いから』とか『採算性が見込めない』と言った理由で予算の充填を見送るというのは、合点が行きません。

こうした部分も、とどのつまりは政治家など科学に直接従事されない方々に理解していただけていないのが問題であるように思えて仕方ありません。

私としては科学者は科学者として、マスコミはマスコミとして、双方言い分があるとは思いますが、お互いより科学というものを広く理解してもらうため、しいては国の未来のために、もう少し歩み寄って手を取り合わなければならないのでは、と思う次第です。

マスコミの方には期待できない?
投稿者:科学者のハシクレ 2009年11月29日掲載
科学者は一般人に研究内容を伝え(る訓練までし)ないといけない、というのは、求めすぎではないでしょうか?

ノーベル賞、フィールズ賞受賞者緊急討論会を聞いた者ですが、非常に感心した意見として、どうしても伝えたいと思い筆をとりました。

利根川先生が科学を社会に伝えるマスコミの新聞記者層が海外の新聞に比べ薄いのがまず問題、日々の生活が科学の恩恵を受けていることを、知る人がすくない、とおっしゃっていたことです。最近は本来メディアがするべきことであろうに、と思う仕事が研究者の側にも命令されることが多く、本業に専念できません。と、言うと、科学者の社会的責任が、とか、金を使って、と酷評されます。

しかし、科学者は行間を読む職業ですから、科学の能力と伝わりやすい文章を書くことは別の能力と、まず理解してほしいと思います。今ポスドクをやっている人でも、伝えることがうまい人はいるはずです。お金を援助してでも新聞の科学欄を美しく楽しいものにしていくことはできないのでしょうか?
そして、ただでさえ本業以外の仕事が多い日本の科学者をもう少し研究に専念させてほしいと思うのですが、贅沢でしょうか?
関係諸氏のご一考をお願いしたいと思います。

 
ページトップへ