サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(レビュー) -

博士はあまっていない?

掲載日:2008年6月9日

ポスドク問題についてはいろいろな場で論じられており、「これは若者から見れば一種の詐欺行為」(吉川弘之 氏・産業技術総合研究所理事長)という声すら聞かれる(2008年1月4日レビュー「若い研究者が夢を持てる日本にするには」)。

日本物理学会キャリア支援センター長として、ポスドク問題に積極的に取り組んでいる坂東昌子 氏・愛知大学名誉教授(前日本物理学会長)に、物理学博士課程修了者の活躍の可能性について寄稿していただいた(6月4日オピニオン「20%の時間は冒険に-キャリアの新たな展開に向けて」参照)。

この問題に取り組む坂東センター長の基本的な考えは「若い人たちだけの問題ではなく、日本の将来、科学技術で身を立てていこうとしている日本の将来にかかわる大問題だ」ということである。日本物理学会キャリア支援センターの活動は「たんなる職業斡旋ではない」というわけだ。

ポスドク問題に関していくつかのシンポジウムの議論などを聞いた印象では、博士を採用しないと自分たちが困ることになるという危機意識が産業界にはどうやら薄い。当然、こうした企業に対し姿勢転換を求める声も聞かれる。「世界中どこへ行っても、研究開発の現場では博士が活躍している。日本だけが違う。相変わらずキャッチアップ型でやろうとするなら修士で足りるだろう。しかし、本当に最先端を走るなら博士が中心にならなければ駄目。つまり、日本企業は本当に技術開発をする気があるのか、本当に将来を読んでいるのかということだ」(岸輝雄 氏・物質・材料研究機構理事長。5月19日インタビュー「急を要する工学系の人づくり」参照)

とはいえ、企業の姿勢が変わるのをじっと待っていればよいという問題ではなさそうである。岸理事長が会長を務める日本工学会も、4月23日に「博士後期課程修了後のキャリアパス多様化に向けた学協会の役割という講演会を開いている。冒頭に紹介した坂東昌子さんも、学界の側からの積極的な試みの具体例として、日本物理学会キャリア支援センターの取り組みを報告していた。

日本物理学会とともにポスドク問題に積極的に取り組んでいる学会に日本化学会がある。日本工学会の講演会では、府川伊三郎 氏・日本化学会理事(旭化成顧問)が、日本化学会が進めている博士卒人材の企業就職支援策について紹介していた。府川 氏によると、博士がイノベーションの中心を担っている世界の現状に対し、日本の化学企業は修士が中心。博士卒の採用率は5-10%でしかない。数少ない例外は製薬業界くらいで、5年ほど前から、急激に博士卒の採用比率が高まり30~70%に達している。理由は、製薬メーカーは専門を生かしやすいということだけではない。製薬業界に特有の事情がある。グローバル展開により、海外で臨床検査などにかかわる機会が増えたことで、博士採用率が高くなったと考えられる。海外では修士はテクニシャン扱いでしかないからだ。

一方、化学メーカーには、扱うテーマが変わってもそれにゼロから対応できる能力が要求されているため、博士号取得者の専門を生かしにくい面がある。さらに、長年、修士が研究開発の中心として頑張ってきたという自負から、博士の採用増への反発も社員の中に見られるという。「われわれで十分ではないか」というわけだ。

いずれにしろ、博士の採用率が高い製薬業界は、特別の例と見るべきなのだろう。

日本化学会は、2007年11月に東京、今年1月大阪で博士セミナー「博士課程在学生のための短期集中的インターンシップ」を開催している。春期年会に合わせ3月28日には「拡大博士セミナー―博士のためのセミナーと就職相談会」シンポジウムを開いた。日本化学会は、元は別の学会だった日本化学会と工業化学会が1948年合同していまの形になったそうだ。この経緯から見ると学界と産業界の関係は近い学会といえるのだろう。そもそもこのような産学協調の催しが実現したのは、「博士の人材育成に関する提言」という2006年11月に野依フォーラムが経団連などに出した文書がきっかけという。野依フォーラムは、野依良治 氏・名古屋大学教授(当時、現・理化学研究所理事長)がノーベル化学賞を受賞したのを機につくられた。野依 氏を囲む化学・製薬企業20数社をメンバーとする集まりである。 

こうした恵まれた環境にある化学の世界でも企業の博士採用率は5-10%でしかないというのだから、他の産業の博士採用率が低いのは容易に想像できる。

日本物理学会キャリア支援センターの試みの中で、成果が上がった例として坂東昌子センター長が挙げているのに物理医学士がある。物理学と医学という異なる専門知識を要する新しい職種への物理学博士の参入だ。坂東さんによると、日本物理学会が実施するシンポジウムや特別企画による積極的な支援策で物理医学士の道を歩み始めた物理博士はすでに10名を超える。もともとあったニーズに、学会側の積極的な取り組みがうまくかみ合った例だろう。

井村裕夫 氏・先端医療振興財団理事長(元京都大学総長)から、「PET(ポジトロン断層法)という検査法が注目されているが、この画像を読める専門医がものすごく不足している」という話を聞いたことがある。医療の進歩に人材育成がついて行けない分野の一つということだろう。医療の分野では、さらに統計学者ももっと必要とされているという。国際的に遅れていると最近ようやく深刻視されるようになった臨床研究には、統計学の分かる人材が不可欠だからだ(3月18日インタビュー「多様な専門家の育成も」参照)。

高度な専門知識と新たな分野への挑戦意欲を持つ人材が必要なのに、人材養成が追いついていない。こんな領域は医療以外にもあると思われる。こうした分野、職種にこそ博士課程修了者が積極的に飛び込むことが期待されているように見える。ポスドク問題には、本来活躍すべき分野にポスドクが行っていないという面もあるのではないか。

【この記事へ読者コメント】

 
海外と比較するのは…
投稿者:tanuking 2008年6月30日掲載
日本ではなにかというと「~な世界の現状と比べて」というのが好きな人がいますが、本当にそうなのでしょうか。
「最先端を走るなら博士が中心に」というのは”博士のほうが修士より優れている”という前提での話ですよね。

私の知る限り(化学系)日本では”博士”は”出したペーパーの多い修士”であって、”入社3年の修士”と何が違うのかといえば、「納期意識と組織政治力が劣っていて、ストレスに弱い」という極めてありがたくない差だと言わざるをえません。

博士課程が”徒弟制度”であり続ける限り、”徒弟制度”としてなら(企業にとっては)社内のほうが優れているのですから、博士採用率があがらないのは当然のことではないでしょうか?

余るのは当たり前
投稿者:とら 2008年6月27日掲載
博士の多くは実験科学の訓練を受けている。実験設備のないところで専門知識は活かせない。メスのない外科医が手術できないのと同じ。
研究開発を軽視する日本社会を含めての問題だろう。

まさに重要なポイントですね
投稿者:K_Tachibana 2008年6月23日掲載
hajime様、三流シェフ様、みな様

三流シェフ様wrote;
> 以前、高いところから「産業界は博士を活用せい」という主旨のことを話している方が
> おりました。話の中には賛同すべき部分もありましたが、全体としては呆れました。
> その理由の1つは、話の中にhajime様のような視点が一片も見られなかったことです。
> hajime様のコメントには重要なポイントを感じます。

私は三流シェフ様の意見にいたく共感いたしました。
私がかねがね気になって仕方がなかったことを、ずばり言って下さったことに深く感謝いたします。

できれば、高いところから「産業界は博士を活用せい」という主旨のことを話している方に対して、それでは共感されるどころか呆れられて、話を聞いてもらえなくなりますよ、と認識してもらいたいと思います。

失礼いたしました
投稿者:三流シェフ 2008年6月20日掲載
>hajime様
「Dr.食わず嫌い」への御意見だったのですね。失礼いたしました。

以前、高いところから「産業界は博士を活用せい」という主旨のことを話している方がおりました。話の中には賛同すべき部分もありましたが、全体としては呆れました。
その理由の1つは、話の中にhajime様のような視点が一片も見られなかったことです。
hajime様のコメントには重要なポイントを感じます。

一流シェフならどんな店でも美味しい料理を出しますね。

補足させて下さい
投稿者:hajime 2008年6月20日掲載
この間はヒステリックに長々書いてしまい失礼致しました。

>三流シェフ様
「食わず嫌いは勿体無い」は博士に向けて言いました。説明が足りず申し訳ありません。色んな職があるのに「研究がいいの!」って言って変なプライドで他の業務内容を嫌がるのは勿体無い。下手なプライドがあるから企業側も余計使いにくい、となるじゃないですか。

個人的には、博士だから給料が高いって制度自体が必ずしも良くないかもしれないと思っていますが。余程ニッチな技術的ニーズにマッチした人材でなきゃ、教育しなきゃいけないのはある程度一緒なんだから。

料金 vs 中身
投稿者:三流シェフ 2008年6月19日掲載
「食わず嫌いは勿体ない」とありましたが、はたして本当にそうなのでしょうか。

美味しそうなご馳走を、各界が食べずに見逃すわけありません。
食べてみたらそうでもなかった・食べられるところが少なかった・値段のわりにねぇ、といったことだったのだと思います。

奮発して高級料理店へいったのに「うーん??」と思ったら、同様の店への期待も失せてしまいます。やはり馴染みの「安くて旨い店」に行きます。信頼できる筋からのお勧めがあれば、たまには高級店にも行ってみたいですが。

勿論、行ってよかったという高級店もあります。

Never mind & Cheer up !!
投稿者:第三者 2008年6月17日掲載
過剰に反応したことを恥じています。

この話題への反響が大きかったことからも、皆がいろいろと考えていることがうかがえると思います。

くれぐれも、あくまでも前向きで。

Thank you!
投稿者:from chicago 2008年6月17日掲載
最初に、私が感情的に書いてしまってごめんなさい。博士課程は問題解決のスキルを学んで試行錯誤してきたわけだから、それはどこに行っても生かすことができるはず。前向きにいかなくちゃ。

企業、政府に非がないとは言わないが
投稿者:hajime 2008年6月16日掲載
博士の方にも甘えがある。研究機関にしか必要とされないという言い方がまずそう。博士に限らず、一から十まで自分の気に入ることしかしないでいい仕事なんてそもそもこの世に存在しません。細分化された自分の専門分野で都合よく求人があると思うべきじゃないと思います。研究の素地を生かせる場所は色々あります。コンサル、弁理士など海外で博士が企業に採用されるのは研究と言う仕事に固執しないからじゃないでしょうか。自分自身が研究という一連の仕事の中のどんな部分を最優先したいのか明確にして、且つ、社会が求める仕事は何なのかということを研究して、落とし所を見つけることが必要だと思います。

勿論、企業も、博士の活かし方を考えていかなくてはならないと思います。グローバル化する中で、Ph.D.でないと認められない場面も増えてきているでしょうから。専門しか出来ないとか教育しづらいとか言わず、企業人としての育て方を含め、受け入れに向けて努力すべきですよね。

ポスドク1万人化計画は、乱暴に言えば労働力を確保するためには随分と役に立ったのかもしれません。でも今後に生かせる人材の育成とそのキャリアパスの整備を念頭に置いていなかったという点でやはり博士からすると過酷なものだったし、国民の血税をそのままでは活かしきれないものだったと思います。政府としては科学コミュニケーションを叫んで博士をその枠に押し込んで誤魔化すのではなく、企業と博士が上手く繋がるようにとか、折角つぎ込んだ血税がこのままでは十分に生かせていませんから、もう少し先を見た環境整備を政府には期待しています。

博士はNEETみたいというのも極論です。実際分野によってはそういう博士もいるでしょうが、実験系の研究は時間をかけないと成果が出ないのでそんなスタイルでは学位が取れません。学費を払って朝から晩まで土日も働いているものです。
確かに最近は私学などが必死で博士課程を創設し博士号を乱発している感もあり、また人が増えれば質が低下するのは何事も同じですが、モラトリアムを満喫しているなどというのは実態を知らないからこそのイメージですね。

ところで、論文博士制度がなくなるから企業としても博士を採用する割合は少しは上がらざるを得ないとも思っています。是非自分の可能性をよく吟味して生き方を見つけて欲しいと思います。

因みに自分は博士号持ちですが、零細企業勤務で庶務まで兼任してました。どちらかと言えば文献読んだり研究が分からないとできない仕事がメインでしたが、自分にも意外と色んな事が出来て色んな事にやりがいが見いだせると知りました(流石に極端な例ですが)。食わず嫌いは勿体ないと思います。

現状把握と問題解決のための基礎資料
投稿者:K_Tachibana 2008年6月13日掲載
現状把握と問題解決のための基礎資料があることを教えていただきました。各演題のプレゼンテーション資料をダウンロードしてごらんいただけます。
議論の参考にしていただけるとよいかと思います。

●研究・教育者等のキャリアパスの育成と課題(生物科学学会連合)

■プログラム
開会の辞: 浅島 誠(東京大学副学長、日本学術会議副会長、生物科学学会連合代表)
現状分析: 宮島 篤(東京大学分子細胞生物学研究所教授、日本学術会議生物科学分科会副委員長、生物科学学会連合副代表)
基調講演: 大学院重点化とポスドク1万人計画が目指したもの、もたらしたもの
  有馬 朗人(東京大学名誉教授、元東京大学総長、元理化学研究所理事長、元文部大臣、元科学技術庁長官、日本科学技術振興財団会長)
博士号の価値~生物科学系のキャリアパスを考える
  大隅 典子(東北大学大学院医学研究科教授)
大学における科学技術キャリア創生支援の試み
  兼松 泰男(大阪大学先端科学イノベーションセンター教授)
製薬企業からみた、博士号取得者への期待
  竹中 登一(アステラス製薬会長)
リクルートからみた、高学歴人材の活用について
  大垣 憲之(リクルートエージェント執行役員)
若手人材のキャリアパス多様化に向けて
  山脇 良雄(文部科学省科学技術・学術政策局基盤政策課長)
閉会の辞: 中野 明彦(東京大学大学院理学系研究科教授、理化学研究所主任研究員、日本学術会議生物科学分科会委員長)
司会: 西谷 和彦(東北大学大学院生命科学研究科教授、日本学術会議生物科学分科会幹事)
米田 悦啓(大阪大学大学院生命機能研究科教授、日本学術会議生物科学分科会幹事)


博士は実際余っています!
投稿者:博士課程は辛いよ 2008年6月13日掲載
教育研究機関である大学(実際は教育機関ではなく研究機関となっていると言っても過言ではないですが)が研究者の人材育成を大学院博士課程の理念として謳っていますが、そもそも社会はそれほど研究者や博士を必要としていないのではないかと思います。圧倒的な博士の就職難が如実に表していると思います。毎年一万人前後の博士が世に出ているわけですが、それほどの数が社会に必要なのかと思えます。実際に必要な場所は大学などの研究機関に限られてくるでしょうが、研究機関の研究者を受け入れる許容範囲は予算やポスト数変化の傾向を見る限り年々減少するように考えられます。

自分で何とかすべき
投稿者:第三者 2008年6月12日掲載
好きで博士まで進んだ人達でしょ?
なのに人に「謝れ」とは。

言ってることもやってることもニートと大差ないようですが、頭でっかちな分だけニートよりたちが悪いですね。
この手の人種は社会が受け入れないです。

博士を育てた血税はどこへいったのでしょう。納税者としては大変不愉快です。

責任者はおそらくひとりでは、ない。ひとりに謝らせて解決する問題でも、ない。
投稿者:K_Tachibana 2008年6月11日掲載
ポスドク問題は過去に起きた問題の結果、というだけではなく、これからもさらに起きうる現在進行形の問題なのだと思います。

誰か数人を責任者と見立てて謝ってもらったとしても、おそらく根本的に事態は解決しない。委員会等で発言できる機会をもっている委員の先生方が、実際にそこで何を発言し、どのようなアクションをとっているのか、しっかりウォッチした方がよいと思います。

ブログにも一部書きましたので、よろしければごらんください。

●【閑話休題】SciencePortalのレビューを読んで
http://sciencecommunication.blog.so-net.ne.jp/2008-06-10-8

原因はどこにあるのか? どこにもある。
投稿者:問題博士 2008年6月10日掲載
博士不人気の一因は、現在売り出し中の博士にあるのではなく、むしろすでに活躍している(つもりになっている)博士達にもあるのだ。

将来に可能性がある若い博士にとっては気の毒だ。
可能性がない博士は問題にする必要すらない。

博士は余っている
投稿者:from chicago 2008年6月10日掲載
「博士は余っていない?」のタイトルは「博士は余っていない!」であってほしかった。私たちは”霞”を食べて生きているわけではない。”ただ働き”の大学院生の期間に投資した分を取り戻すことができなければ、システムとして失敗していると言わざるを得ません。博士の募集は縮小すべきだと思う。ゆとり教育の問題と一緒です。責任者は出てきて、謝るべきです。
 
ページトップへ