ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

今年の学士院賞授賞者に藤田誠氏ら9人

掲載日:2019年3月15日

日本学士院はこのほど、優れた業績を上げた研究者に贈る日本学士院賞の今年の授賞者に、東京大学の藤田誠教授(61)ら9人を選んだ。藤田氏には恩賜賞も贈られる。同氏は、液体に溶けた化学物質を結晶化せずにX線により構造解析する手法を開発し、創薬研究の分野で多大な貢献をした業績が評価された。授賞式は6月に東京・上野の日本学士院で行われる。

発表された日本学士院賞授賞者(ふりがな、敬称略)、現職、専攻学科目、授賞対象になった研究題目、年齢(3月12日現在)は次の通り。

【日本学士院賞・恩賜賞】

  • 藤田誠(ふじた まこと)、東京大学大学院工学系研究科教授・分子科学研究所特別研究部門卓越教授、有機化学・錯体化学、「結晶スポンジ法―X線構造解析の革新と分子科学技術への展開―」、61歳。

【日本学士院賞】

  • 山崎志郎(やまざき しろう)、大妻女子大学社会情報学部教授、日本経済史、「太平洋戦争期の物資動員計画」、61歳。
  • 平間正博(ひらま まさひろ)、東北大学名誉教授・(株)アクロスケール取締役・大阪府立大学大学院理学系研究科客員教授、天然物合成化学、「シガトキシンを始めとする複雑な構造を有する生理活性天然物の全合成研究」。71歳。
  • 常田佐久(つねた さく)、国立天文台長・自然科学研究機構副機構長、天文学、「太陽観測衛星による太陽電磁流体現象の研究」、64歳。
  • 永嶺謙忠(ながみね かねただ)、高エネルギー加速器研究機構名誉教授・東京大学名誉教授・理化学研究所名誉研究員・総合研究大学院大学名誉教授・山梨大学客員教授、原子核素粒子物理学・物質生命地球科学、「ミュオンラジオグラフィーの開拓と大規模構造体の非破壊的研究」、77歳。
  • 藤野陽三(ふじの ようぞう)、横浜国立大学先端科学高等研究院上席特別教授・内閣府プログラムディレクター(戦略的イノベーション創造プログラム(SIP))・東京大学名誉教授、土木工学、「長大な構造物の振動現象の解明と制御」、69歳。
  • 磯貝明(いそがい あきら)、東京大学大学院農学生命科学研究科教授、生物材料科学、「植物由来の完全分散化セルロースナノファイバーに関する研究」、64歳。
  • 長澤丘司(ながさわ たかし)、大阪大学大学院生命機能研究科教授・大阪大学大学院医学系研究科教授・大阪大学免疫学フロンティア研究センター教授・京都大学名誉教授、免疫学・血液学・幹細胞生物学、「造血幹細胞と造血、骨を維持する骨髄微小環境の解明」、57歳。
  • 高柳広(たかやなぎ ひろし)、東京大学大学院医学系研究科教授、免疫学、「骨の研究と免疫学の融合を目指すOsteoimmunologyの研究」、53歳。

【日本学士院賞・恩賜賞】

藤田誠氏(日本学士院提供)
藤田誠氏(日本学士院提供)

【日本学士院賞】

山崎志郎氏(同)
山崎志郎氏(同)
平間正博氏(同)
平間正博氏(同)
常田佐久氏(同)
常田佐久氏(同)
永嶺謙忠氏(同)
永嶺謙忠氏(同)
藤野陽三氏(同)
藤野陽三氏(同)
磯貝明氏(同)
磯貝明氏(同)
長澤丘司氏(同)
長澤丘司氏(同)
高柳広氏(同)
高柳広氏(同)
ページトップへ