ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

青ジソに老化やメタボの予防成分

掲載日:2012年8月7日

青ジソに、老化やメタボリックシンドロームなどの予防に有効な成分が含まれていることが、京都大学大学院薬学研究科の久米利明准教授や農学研究科の入江一浩教授などの共同研究で分かった。この成分は熱帯に生息する植物の葉から見つかっていたが、青ジソのような身近な食品から見つかったのは初めてという。

生体内では活性酸素が大量に増えると、細胞や生体組織などの分子が酸化され、その機能が損なわれてしまう。そうした過度の酸化ストレスから守るために、生体内には抗酸化酵素の発現を高める防御システムが備わっているが、そのシステムがうまく働かなくなることで老化や発がん、メタボリックシンドローム、動脈硬化、アルツハイマー病などが起きてくるとも考えられている。

こうした疾患の予防には、野菜や果物の摂取が効果的であることが疫学的にも知られることから、久米准教授らは、6種類の果汁サンプル(桃、リンゴ、イチゴ、クランベリー、ラズベリー、温州みかん)と6種類の野菜サンプル(青ジソ、モロヘイヤ、春菊、セロリ、パセリ、赤ジソ)の成分を調べた。

その結果、青ジソの抽出物から抗酸化の防御システムを活性化させる作用をもつ化合物(2′,3′-dihydroxy-4′,6′-dimethoxychalcone:DDC)が見つかった。DDCを化学合成してラットの細胞で調べたら、抗酸化タンパク質を増加させることが確かめられた。今後、動物実験などを重ね、疾患の予防薬の開発につなげていくという。

研究論文“Isolation, identification, and biological evaluation of Nrf2-ARE activator from the leaves of green perilla (Perilla frutescens var. crispa f. viridis)”は米国の生物医学誌「Free Radical Biology & Medicine」のオンライン版に掲載された。

ページトップへ