ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

トムソン・ロイター日本の先端研究領域と研究者16人表彰

掲載日:2012年2月17日

世界的な情報サービス企業「トムソン・ロイター」(本社・ニューヨーク)は、2006-2011年の論文データベースの引用分析に基づき、今後の発展が特に期待される日本の7つの先端研究領域と、その領域で世界をリードする日本の研究機関に所属する研究者16人を「第3回リサーチフロントアワード」の受賞者に選んだ。授賞式は21日、東京・赤坂のトムソン・ロイターオフィスで行われる。

「リサーチフロントアワード」の選出では、トムソン・ロイターが分類した22の学術分野において最も高頻度で引用されている上位1%の論文(被引用論文)のうち、後に発表された論文にも一緒に引用されている論文(共引用論文)を分析する。04年、07年に続く今回は、研究内容と成果の潜在的な可能性を重視し、最近の被引用数の伸びが上昇傾向にある論文を含む先端研究領域(リサーチフロント)を世界で6,762件選出した。そのうち日本の研究者が含まれるリサーチフロントは1,175件で、特に日本の貢献の比重が高いリサーチフロント7件から、顕著な功績が認められる研究者を選んだ。

選出については、毎年9月に「トムソン・ロイター引用栄誉賞(ノーベル賞受賞者予測)」の分析を手掛けるアナリスト、デービッド・ペンドルベリー(David Pendlebury)氏が担当したという。

なおリサーチフロントの基本手法は、科学技術政策研究所(NISTEP)が2004年から発行する「注目される研究領域の動向調査」に用いられている。さらに科学技術振興機構(JST)が昨年12月開設した「J-Global foresight」において、今後「JST指標」の1つとして公開される予定だ。

「第3回リサーチフロントアワード」の先端研究領域、受賞者は次の通り(敬称略)。

  • 〈化学〉「らせん構造制御を基盤とする機能性高分子の開発」前田勝浩(金沢大学)
  • 〈化学〉「炭素-水素結合切断を経る酸化的カップリングの新手法開発」三浦雅博(大阪大学)・佐藤哲也(大阪大学)
  • 〈化学〉「自己組織化によるナノメートルスケールの構造・空間・機能の創出」藤田誠(東京大学)・吉沢道人(東京工業大学)
  • 〈化学〉「金属ナノ粒子触媒を用いた液相化学水素貯蔵材料の開発」徐強(Qiang Xu)(産業技術総合研究所)・塩山洋(同)
  • 〈地球科学〉「地質学的な手法に基づき19億年前の超大陸を復元し、北中国地塊の位置を推定」丸山茂徳(東京工業大学)・サントッシュ・マダバワリヤー(M. Santosh)(高知大学)
  • 〈材料科学〉「1次元無機ナノ構造物質の探索・創製とその応用」板東義雄(物質・材料研究機構)・デミトリ・ゴルバーグ(Dmitri Golberg)(同)
  • 〈植物学〉「植物ホルモン機能の発見によるストリゴラクトン研究の新展開」秋山康紀(大阪府立大学)・経塚淳子(東京大学)・林英雄(大阪府立大学)・山口信次郎(東北大学)・米山弘一(宇都宮大学)

 

ページトップへ