ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

硫黄島近海などで皆既日食観測

2009年7月22日

日本では46年ぶりとなる皆既日食が22日、硫黄島近海など一部の地域ではっきりと観測された。

国立天文台は、硫黄島近海の船上で同天文台の研究者が撮影した画像を公表した。船上で、皆既日食を観測した渡部潤一・国立天文台天文情報センター長は「皆既の継続時間は6分40秒ほど。コロナとダイヤモンドリングが大変きれいに見え、特にコロナは東西方向に大きく広がっている様子が分かった」とコメントしている。

硫黄島近海の船上で観測された皆既日食
硫黄島近海の船上で観測された皆既日食
(国立天文台・福島英雄氏撮影)
ページトップへ