ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

地震と異なる地震動観測

2009年5月26日

気象庁、東京大学地震研究所は25日北朝鮮が実施した核実験によると見られる地震動記録から、S波が明瞭に見られないなど地震と異なる波形であることを明らかにした。

米地質調査所(USGS)などの報告から、北朝鮮は日本時間25日午前9時54分43秒に核実験を行ったと見られている。

気象庁は、同日午前9時55分ごろに観測された震動波形が、北朝鮮が最初の核実験を実施した2006年10月6日に観測された波形と似ていることも挙げて、自然地震による震動ではない可能性を指摘している。

地震研究所が解析、公表した地震動記録は、国立大学・防災科学技術研究所の高感度地震観測網により観測された波形記録。4月18日ウラジオストック付近で発生した地震で観測された波形では、最初のP波に遅れてS波による波形がはっきり見られたのと比較し、今回の波形にそれが見られないことを指摘している。

ページトップへ