ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

鉄系新超電導物質で薄膜作成に成功

掲載日:2008年9月4日

新しい超電導物質として内外から注目されている鉄ニクタイド系超電導物質を発見した細野秀雄・東京工業大学教授らが、この物質から薄膜を作成することに成功した。

細野教授らは、2006年7月と今年2月に、これまでの常識を破る鉄を含んだ新たな超電導物質を発表した。内外の研究者がこの分野に参入し、超電導を示す臨界温度も当初の32K(マイナス241℃)から56K(マイナス217℃)まで上昇している。

細野教授らが薄膜作成に成功したことで、物性測定など新超電導物質にかかわる研究に加え、ジョセフソン素子をはじめとする超電導デバイス試作などの応用研究が一気に加速すると期待されている。

ページトップへ