サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

化粧品の防腐剤が皮膚の痛みの原因に

掲載日:2007年6月14日

化粧品によって皮膚が刺戟され、痛みを感じる原因を調べていた自然科学研究機構 生理学研究所の研究チームは、防腐剤として化粧品に含まれているパラベン類によることを突き止めた。

使い道の広いパラベン類に対する注意を促す研究結果として注目される。

パラベン類は、パラオキシ安息香酸エステルを指し、パラオキシ安息香酸エチルなど4種類が日本では使われている。静菌作用(菌は殺さないがその増殖を止める)があることから、医薬品、化粧品、食品などの保存剤として広く利用されている。

研究チームは、化粧品に含まれる痛みを引き起こす物質を探すため、TRPA1という侵害刺激受容体の1つに目を付けた。侵害刺激受容体というのは、体の表面にあって体を傷つけるか、傷つける可能性がある刺激を感じ取る部分。これに着目した理由は、TRPAがワサビやシナモンの主成分に刺激されること分かっており、これらワサビやシナモンの主成分に抗菌作用があることも知られていたためだ。

研究の結果、パラベン、特にメチルパラベン(パラオキシ安息香酸メチル)がTRPA1を活性化させることが分かり、マウスを使った実験でも、メチルパラベンが痛みを生じさせることが、マウスの行動から確かめられた。

ページトップへ