サイエンスポータル SciencePortal

ニュース - 速報・レビュー(ニュース速報) -

初の女性宇宙旅行者搭乗のソユーズ18日打ち上げ

掲載日:2006年9月13日

ロシア連邦宇宙局(FSA)と米航空宇宙局(NASA)は、国際宇宙ステーションに長期滞在する交代要員を乗せたソユーズ宇宙船を、現地時間18日午前(日本時間同日午後)、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げると発表した。

ソユーズ宇宙船には、国際宇宙ステーションに半年、滞在する予定のFSAとNASAの宇宙飛行士各1人のほか、9日間だけ滞在する米国の企業経営者が、初の女性宇宙旅行者として搭乗する。

国際宇宙ステーションに4月から滞在していたFSAとNASAの宇宙飛行士各1人は、短期滞在の女性宇宙旅行者とともに宇宙ステーションにドッキングしていた別のソユーズ宇宙船で、現地時間29日朝(日本時間同日午前)帰還する予定。

ソユーズには、当初、日本人の実業家、榎本大輔氏が宇宙旅行者として搭乗予定だったが、直前になり医学的な理由で飛行が認められず、代わりに米国の女性企業経営者が搭乗することになった。

ページトップへ