マガジン - 日経サイエンス誌ダイジェスト -

塩水で農業

掲載日:2016年9月26日

塩水で農業
  • 世界の灌漑農地の1/4近くは、不適切な灌漑法のせいで塩害に侵されている。また数千万ヘクタールの農地が、海面上昇による塩水侵入の危機にある。こうした高塩分の場所で作物を育てることができたら、今後増加が予想される世界人口を養う食料を供給できるかもしれない。このため、海沿いの湿地などに茂る特殊な「塩生植物」をまねて、耐塩性の遺伝子をイネなどに導入して改良する方法が開発された。例えば米カリフォルニア大学のチームはアルファルファからトウジンビエ、ピーナツ、イネまで、数千株の様々な遺伝子導入植物を育てて実験している。ただ一方では、遺伝子改変による予期せぬ影響を懸念する声もある。

 

ページトップへ