サイエンスポータル SciencePortal

マガジン - 日経サイエンス誌ダイジェスト -

細胞コンピューター

掲載日:2016年8月25日

細胞コンピューター
  • 細胞は表面に付着した分子を入力として、これを一連の複雑な生化学反応によって処理し、ホルモン分泌や電気インパルスの発生といった出力を生み出している。著者ら合成生物学者たちは、細胞のこうした情報処理能力を利用して、人間が設計したプログラムを実行させようとしている。計数や足し算、データの記憶、基本的な論理演算を実行する細胞ができた。合成生物学が生んだ“細胞コンピューター”だ。通常の電子計算機と違ってノイズの多い化学信号を用いるほか、現状では機能を正確に予測できないなどの難点があり、デジタル装置に代わるものではないが、病気を診断・治療する細胞を薬として服用するなどの利用が可能になるだろう。

 

ページトップへ