サイエンスポータル SciencePortal

マガジン - 日経サイエンス誌ダイジェスト -

相対論の黙示 - 「ここ」とはいったいどこなのか? 非局在性の不思議

掲載日:2016年3月16日

「ここ」とはいったいどこなのか? 非局在性の不思議
  • 日常生活では、距離と位置は当然の概念だ。だが物理学の考え方を突き詰めると絶対的な位置などというものはそもそも存在せず、この宇宙は非局在的だと考えられると著者は考察する。重力に関するニュートンの考え方は質量を持つ物体が距離を超えて瞬時に引力を及ぼすというものだが、アインシュタインはそうした魔法じみた非局在的な作用を排除すべく一般相対性理論を構築した。曲がった時空から重力が生じ、それが光速という有限のスピードで伝わる。だが同時に、時空が変形するということは時空自体が絶対的な位置を定義できないことを意味し、より深いレベルでの非局在性を導入する結果となった。この相対論の黙示について考えてみよう。

 

ページトップへ