サイエンスポータル SciencePortal

マガジン - 日経サイエンス誌ダイジェスト -

指紋とは異なる危うさ - 政府が狙うあなたのDNA

掲載日:2013年9月13日

指紋とは異なる危うさ - 政府が狙うあなたのDNA
  • 米国では警察による犯罪捜査にともなうDNA採取の対象が拡大しており、これが市民の自由を脅かす恐れが強まっている。DNAは指紋とは異なり、本人かどうかを判定するだけでなく、類似のDNA配列を持つ人物にも捜査の網をかけることができる。

    DNAの照合ミスの可能性が常にある以上、被疑者の家族や親類など犯罪に関係のない人へのプライバシーへの脅威が強まることになる。多くの州で逮捕者すべてに対してDNAサンプル採取を義務付ける動きがあり、多数の無実の人々のDNA情報が警察のデータベースに記録されることになる。DNAデータベースが乱用される危険を防ぐための法的措置が必要だ。

 

ページトップへ