サイエンスポータル SciencePortal

マガジン - 日経サイエンス誌ダイジェスト -

特集:越境汚染 - 黄砂が運ぶ微生物

掲載日:2013年5月9日

越境汚染 - 黄砂が運ぶ微生物
  • 黄砂は中国内陸の砂漠地帯から舞い上がり、西風に乗って日本にやって来る。この黄砂に微生物が付着して数千kmを旅していることが近年の研究でわかってきた。サハラ砂漠の砂塵にも同じように微生物が乗り、大西洋を横断している可能性が高い。微生物は高度数千mの上空を地球規模で移動しているようだ。黄砂とともに飛来する微生物の中には有用なものもいるが、健康に悪影響を及ぼす恐れのあるものもいる。黄砂は雲粒を生み出す種になるが、黄砂に微生物が付着すると、より雲粒ができやすくなる可能性がある。微生物は気候にも影響を及ぼしているのかもしれない。

 

ページトップへ