サイエンスポータル SciencePortal

マガジン - 日経サイエンス誌ダイジェスト -

高級ホテルにも出没 - 帰ってきたナンキンムシ

掲載日:2012年5月22日

高級ホテルにも出没 - 帰ってきたナンキンムシ
  • ナンキンムシ(南京虫;トコジラミ)の「南京」は南京錠や南京豆と同様、海外から伝来した小さなものという意味合いが込められている。吸血性の寄生昆虫で、刺されると非常にかゆく、戦後しばらくまで日本人にもおなじみの存在だった。DDTなどの殺虫剤の登場で先進国からは姿を消していたが、近年、米国では家庭はもちろん高級ホテルや商店、オフィス、病院など様々な場所で再び姿を現し始めた。日本におけるトコジラミ発生の現状も紹介。

 

ページトップへ