サイエンスポータル SciencePortal

マガジン - 日経サイエンス誌ダイジェスト -

宇宙論 宇宙のエネルギーは“漏れ”ている?

掲載日:2010年9月3日

日経サイエンス10月号 宇宙のエネルギー保存則
  • 地球内部は玉ねぎ状構造で、深さ6400kmの中心からコア、マントル、地殻の順に層を成すことが地震波の研究から知られている。これらの層はさらに細分されるが、研究者の間でも長年、不思議に思われていたのが、マントル最下部の深さ2600~2900kmの層だった。著者らは世界で初めて、この超深部地下環境を実験室で再現、未知の結晶構造を持つ鉱物が存在することを発見した。この鉱物層が地球の初期進化の謎を解くカギを握っていることがわかった

 

ページトップへ