マガジン - 日経サイエンス誌ダイジェスト -

数学ファッション?

掲載日:2010年7月27日

日経サイエンス8月号 旅するウナギの謎
  • 今年3月、日本が誇るブランド、イッセイ ミヤケがパリコレクションで披露した服のテーマは「ポアンカレ・オデッセイ」だった。ポアンカレ予想の証明の経緯を取材したNHKの本に興味を持ったクリエイティブディレクターの藤原大氏が、数学者の小島定吉氏を訪ねたのが始まりだ。

    そのとき藤原氏が目を留めたのが、クッションのような不思議な縫い物。「5角形のモジュライ」という数学概念の立体モデルだ。藤原氏はこれを持ち帰り、実際に作ってみたという。

    連載対談「茂木健一郎 科学のクオリア」では、数学の目で見た「ものの形」に迫る。近年、超弦理論との関連でも注目されている形の分類学モジュライを徹底解剖するほか、数学の100年の宿題だったポアンカレ予想が、ついに謎解きに至ったドラマを聞く。

    また数学に賭けた人々の人物像や、ファッション業界のクリエイターらとの異色の交流についても語ってもらった。

 

ページトップへ