サイエンスポータル SciencePortal

マガジン - 日経サイエンス誌ダイジェスト -

見えないのにわかる

掲載日:2010年7月16日

日経サイエンス8月号 旅するウナギの謎
  • 脳卒中を起こして第一次視覚野(視覚をつかさどる脳の領域の1つ)が損傷を受け、本人も「目が見えなくなった」と思っている。ところがその人は、あたかも目が見えているかのように、ゴミ箱などの障害物をスイスイと避けて廊下を歩いていく……。そんな不思議な全盲の患者の存在が脳科学者の関心を集めている。「ブラインドサイト」と呼ばれる能力で、実際、見えないはずの物体や画像に脳が反応することがわかってきた。ブラインドサイトで識別できるのは、○や×などの単純な図形や縞模様など。人物や性別は識別できないが、顔や体で表した感情はわかるという。「見る」と「知る」の関係は、私たちが普段考えているよりはるかに複雑なようだ。

 

ページトップへ