サイエンスポータル SciencePortal

マガジン - 日経サイエンス誌ダイジェスト -

ウナギがうまい理由

掲載日:2010年7月2日

日経サイエンス8月号 旅するウナギの謎
  • 土用の丑の日が近づいてきた。夏バテ防止にウナギを食べるのは日本の伝統的な食文化だが、そもそもなぜウナギは他の魚と比べても非常に脂がのっていて栄養満点でおいしいのだろう? また今では養殖ものが年中食べられるようになったが、養殖といっても捕獲した天然の稚魚を育てたもので、稚魚の確保に四苦八苦している。どうして他の魚のように卵から育てることができないのだろう?

    ウナギは川や沼で捕れるので淡水魚だと思っている人がいるかもしれないが、それは誤りだ。ウナギは海で生まれ、仔魚から稚魚となった後に川を遡り、そこで大きく育って、産卵のために海へ戻る。しかし、海のどのあたりで産卵し、どのように稚魚まで育つのか皆目わからず、そうしたこともあって卵からの養殖も難しかった。

    近年、長年の努力が実って産卵場が突き止められ、生活史もわかってきた。ウナギはグアム島西方にある海山周辺海域の深海で生まれ、3000kmも海流に乗って旅して日本にやって来る。そして大きく育って海に戻るが、川を出てから産卵場に行くまでの間、親ウナギは何もエサを食べない。ウナギが非常に脂がのっているのは数千kmを旅するためのエネルギーを蓄えているからだ。養殖研究にも大きな進展があった。研究室の段階だが、卵から育てる完全養殖に成功した。こうした一連の研究で、様々なウナギの姿が明らかになってきた。

 

ページトップへ