サイエンスポータル SciencePortal

マガジン - 日経サイエンス誌ダイジェスト -

火星が「赤い星」になったわけ

掲載日:2009年7月13日

日経サイエンス8月号 実用間近に迫ったiPS細胞
  • もし植物をはぎ取ったら大地は何色に見えるだろう? それは私たちが探査機からの画像を通じて知っている隣の惑星、火星とそっくりの姿になる。赤い大地だ。もう1つの隣の惑星、金星は二酸化炭素の厚い大気をまとい硫酸の雲に覆われているので地球から表面を見ることができない。しかし、仮に硫酸の雲が消えたら、そのとき見える地表もやはり赤茶けているだろう。

    3惑星に共通する赤色は酸化鉄の赤だ。なぜ鉄が酸化したか? 「突き詰めて言うと、これら惑星の大気から水素が散逸したため」と著者は言う。太古、3惑星には水素も豊富にあったが、最も軽い水素は大量に宇宙へ流出していった。すると水素と結びついて水を構成していた酸素は、相手を失い、今度は鉄に結びついた。宇宙への大気の流失は、惑星の色を決める要因になっている。別の見方をすれば、惑星大気の流出は惑星大気の組成を左右する大きな要因であることにもなる。

    惑星や衛星からの大気の流出メカニズムはいくつもあり、どのメカニズムが中心的な役割を果たすかは惑星や衛星の質量や環境によって違ってくる。「環境」とは例えば小天体落下の頻度の高さ。頻度が高いと、宇宙に吹き飛ばされる大気の量も増えるからだ。

 

ページトップへ