サイエンスクリップ

子どもが楽しく学べる遺伝子ワークブック、東北メディカル・メガバンク機構が制作(1/2)

掲載日:2017年5月15日

東北大学東北メディカル・メガバンク機構ゲノム医学普及啓発寄附研究部門は、幼児から小学生の子どもたちが遺伝子について楽しく学ぶことを目的に、ワークブック「親子であそぼ!!遺伝子るんるん学び帳」を制作し、2017年3月に発行した。全20ページ、オールカラーのワークブックは、やさしいタッチのイラストがまるで絵本のようで、“遺伝子は難しい”というイメージを和らげる工夫であふれている。シールを貼ったり、2つの絵の違いを探したり、あるいはカードで絵合わせをしたりと、幼い子どもでも手を動かしながら遊び、学べる要素がちりばめられている。専門用語を分かりやすく噛み砕いた解説は、科学コミュニケーションに携わる人たちにも役立ちそうだ。

図1.「親子であそぼ!!遺伝子るんるん学び帳」の表紙 出典:プレスリリース
図1.「親子であそぼ!!遺伝子るんるん学び帳」の表紙 出典:プレスリリース

大人も楽しめる!?その内容は…

ワークブックは4つのトピックを柱とした、とてもシンプルな構成だ。1)生き物と遺伝子の数、2)DNA、3)セントラルドグマ、4)体質、のそれぞれのトピックで、簡単なワークの後に解説が続く。解説は、“ドクターすにっぷ”という登場人物が担当する。独特の雰囲気を醸し出す彼の言葉は、短く無駄がない上にポイントを得ていて読みやすい。ちなみに、すにっぷ(SNP)とは、体質の違いの要因と考えられている“一塩基多型”を意味する遺伝学用語で、ここにも遺伝学を身近に感じてほしいというメッセージが読み取れる。

図2.ドクターすにっぷ 出典:親子であそぼ!!遺伝子るんるん学び帳
図2.ドクターすにっぷ 出典:親子であそぼ!!遺伝子るんるん学び帳

個々のトピックについて、どんなワークと解説がされているか、簡単に紹介しよう。

1) 生き物と遺伝子の数

ワークは、5種類の動物や植物のシールを、遺伝子の数の多い順に貼るというものだ。解説では、遺伝子を“体をつくる組立図”と言い換え、その数が生き物によって異なることをグラフで可視化する。遺伝子の数は“植物よりも動物の方が多いにちがいない”とか、“大きな生き物の方が小さな生き物より多いだろう” といった誤解されやすいイメージを覆すデータが意外性をつく。

図3.私たち人間より体は小さいが、遺伝子の数が多い生物の存在が一目でわかる。 出典:親子であそぼ!!遺伝子るんるん学び帳(“生き物と遺伝子の数”の解説ページより)
図3.私たち人間より体は小さいが、遺伝子の数が多い生物の存在が一目でわかる。 出典:親子であそぼ!!遺伝子るんるん学び帳(“生き物と遺伝子の数”の解説ページより)

2) DNA

ワークは、2枚の絵の違い探しだ。DNAの塩基の組み合わせの違いに読者の意識を向ける。解説では、ドクターすにっぷが体の中のミクロの世界に入り込み、細胞、染色体、DNAの順にひも解いていく。目には見えないが、すべての生き物が必ず持っている“体をつくる大切な部品”として、DNAが確かに存在することが一目で分かる。

3) セントラルドグマ

ワークはシール貼りで、5種類の食べ物のシールを、タンパク質の多い順に並べる。解説では、タンパク質が体をつくる材料であることを前提に、DNAの遺伝情報からタンパク質ができあがるしくみ“セントラルドグマ”を、①転写と②翻訳の2ステップで図解する。一連の流れが、部品や車のイラストで描かれ、読者はイメージを掴みやすい。

図4.DNA情報がRNAに①転写され、それが②翻訳されてタンパク質になる流れを、段階的に捉えている。 出典:親子であそぼ!!遺伝子るんるん学び帳(“セントラルドグマ”の解説ページより)
図4.DNA情報がRNAに①転写され、それが②翻訳されてタンパク質になる流れを、段階的に捉えている。 出典:親子であそぼ!!遺伝子るんるん学び帳(“セントラルドグマ”の解説ページより)

4) 体質

ワークは違い探しで、女の子のまぶたが一重か二重かという違いに読者の意識を向ける。解説では、ほんのわずかな遺伝子の違いが、まぶたの形や背の高さなどの体質の違いに関係することを視覚的に訴える。また、食べているものや暮らす場所の気候といった環境要因も体質に関わることを、生活習慣病へのなりやすさを例に挙げて説明している。

図5.3つの体質(生活習慣病へのなりやすさ、体格、血液型)に遺伝要因と環境要因がどのくらいの割合で関わっているのか、イメージを掴みやすい。 出典:親子であそぼ!!遺伝子るんるん学び帳(“体質”の解説ページより)
図5.3つの体質(生活習慣病へのなりやすさ、体格、血液型)に遺伝要因と環境要因がどのくらいの割合で関わっているのか、イメージを掴みやすい。 出典:親子であそぼ!!遺伝子るんるん学び帳(“体質”の解説ページより)

さらに、付録として専門用語を視覚的に学ぶカードもある。“さいぼう”、“かく”、“タンパクしつ”などの用語とそのイラストが描かれたカードは、真ん中で2つに切って、絵を合わせて遊ぶ。

図6.ワークブックで学んだ専門用語を、イラストで楽しく効果的に復習できる。 出典:親子であそぼ!!遺伝子るんるん学び帳(付録)
図6.ワークブックで学んだ専門用語を、イラストで楽しく効果的に復習できる。 出典:親子であそぼ!!遺伝子るんるん学び帳(付録)

実際にワークブックを手に取った子どもたちの反応は?

やさしい言い回しや親しみやすいイラストを使っているとはいえ、内容はかなり専門的だ。子どもたちの反応はどうなのだろうか。東北メディカル・メガバンク機構の制作グループが、1歳から16歳の子どもとその家族(約100組)にワークをしてもらったところ、特に幼児から小学生の子どもがワークを面白いと感じるとの結果が得られたという。2017年4月12∼30日には、全国に配布の希望を募ったところ、北は北海道から南は広島までの広範囲から約125件の申込みがあり、約300部を送付したそうだ。

グループは、親が子どもに読み聞かせることによって、親子で遺伝学への関心を高めてほしいと期待している。子どもたちにとって、親に絵本を読んでもらう時間は特別だというが、このワークブックはそんな大好きな時間を学びの機会につなげるきっかけになりそうだ。また、家庭内にとどまらず、科学館や学童保育などでの科学コミュニケーション活動のツールとしても活躍しそうだ。

ページトップへ