サイエンスクリップ

「人を幸せにするロボット」とは? 第56回SGRAフォーラムレポート(1/2)

掲載日:2017年4月4日

あなたは、ロボットが人間に反乱を起こす日が来ると思うだろうか?

近年、日本のみならず世界中でヒト型ロボットの開発が行われ、また車両の自動運転などロボット技術の社会応用も進んでいる。その一方で人工知能の進化によるシンギュラリティ(技術的特異点)、つまり、人工知能やロボットが人間の能力を超え、人間の仕事を奪うという将来への不安も取り沙汰されている。

果たしてロボットは人間を幸せにするのか、ロボットが「こころ」を持つ日は来るのか、そもそもロボットとは何なのか。2017年2月11日に東京国際フォーラムを会場に行われた第56回SGRAフォーラムでは、日本のロボット研究の第一人者である稲葉雅幸(いなば まさゆき)東京大学大学院情報理工学系研究科教授をはじめとする工学者と、(ロボットからだいぶ遠いと思われる)古代ギリシャを専門とする哲学者が、「人を幸せにするロボット」について自説を述べ、ディスカッションを行った。

真に人間をサポートするヒト型ロボットの開発を目指して

稲葉氏は、「夢を目指す若者が集う大学とロボット研究開発の取り組み」と題して、同研究室のヒト型ロボットを中心とした研究について基調講演を行った。

写真1.稲葉 雅幸 氏 提供:SGRA
写真1.稲葉 雅幸 氏 提供:SGRA

稲葉氏は、1981年に学部生で配属されてから現在まで、一貫して情報システム工学研究室に所属しロボットの研究開発を行ってきた。当初は知能ロボット研究用のロボットアームを用いて探り、動作生成や柔軟物のハンドリングの研究を行っていたが、アームだけではなく脚部や頭部など全身を有するロボットを作り、そこから得られる知見を通じて人間の多彩な全身運動の習得過程を解明することを目的に、1993年に16個のモータを有する小型ヒト型ロボットを開発した。

2003年には新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施する「人間協調・共存型ロボットシステムプロジェクト」で開発された、人間と同等のサイズのヒト型ロボット研究プラットフォームを大学での教育研究用に導入した。等身大になることによって、人間が使用する道具や設備を扱うことが可能となり、人間と同じ環境下で人間を手助けするロボットの実現へと一歩を踏み出した。しかし開発されたプラットフォームは出力に限界があり、瞬発力と背骨をもち全身にしなやかさのある人間からは大きく劣っていた。研究室では、人間と同等レベルの速度と出力を実現し、真に人間をサポートするロボットを開発するための研究と、人のように背骨を持ち全身のしなやかさを持つ筋骨格型ヒューマノイドの研究が進められた。

折しも2011年に東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故が発生し、人間の作業員が立ち入ることのできない高い放射線量下で、ロボットを使っても、事態の収拾に向けた作業を思うように進めることはできなかった。原子力プラントでの操業を目的としたロボットシステムも過去に研究開発されてはいたが、現場に配備して実際に利用するレベルとは到底言えないものであった。もしも事故発生後24時間以内に何らかの方法で発電所内のバルブの開閉を行うことができていたら、その後の状況は変わっていたとの指摘がなされた。その反省を背景として、米国国防総省による災害救助ロボットのコンテスト「DARPAロボティクスチャレンジ」では、「実環境下で人間と同じツールを用いて作業を遂行するロボット」という世界共通の課題が提示された。

DARPAロボティクスチャレンジへの挑戦のために、2012年、東大教員の職を辞しベンチャー企業「SCHAFT」を創業したのが、稲葉研究室の卒業生である中西雄飛(なかにし ゆうと)氏と浦田順一(うらた じゅんいち)氏である。SCHAFTはその後Googleに買収され、2013年12月に開催されたトライアルで優勝した後はDARPAロボティクスチャレンジも辞退したが、同社には20名近くの稲葉研究室の卒業生が集まり、ロボット開発を行っているという。

その一方で稲葉研究室もNEDOとDARPAの共同による災害対応ロボット開発プロジェクトに参画し、電磁モータ駆動によるヒト型ロボット「JAXSON」を開発した。「これまでできなかったことを、これまで誰もやったことのない方式でできるようにする」ことを目指して開発された「JAXSON」は、SCHAFTと同様に人間が蹴っても倒れない高機動性を実現するために、水冷式のモータ冷却技術を採用することで高出力を生み、さらに、全身が筋骨格の新しいヒューマノイド「腱悟郎」において「汗をかかせる」、つまり気化熱を利用して冷却効率を上げるという手法を用いて持続力を生み出す工夫をしている。

写真2・3.「JAXON」(左)と「腱悟郎」(右)  提供:東京大学情報システム工学研究室 稲葉研究室
写真2・3.「JAXON」(左)と「腱悟郎」(右) 提供:東京大学情報システム工学研究室 稲葉研究室

稲葉氏によれば、ロボットとは、「感覚と行動の知的な接続法の研究」であり、「先端技術の総合芸術」であり、「工学分野における複数の技術の融合・統合体」であるという。稲葉研究室では学生めいめいが小型のヒト型ロボットを作り動かすことで、多様な技術を広く体験して研究テーマとなる問題を自分自身で発見し、それを深めていくスキームを経験できる。稲葉氏は、そのようなロボット研究開発について、「“苦労”と感じるかもしれないけれど、同時に“幸せ”なことでもある」という考えを示した。

ページトップへ