7月21日 在来ヒルは侵略的外来ナメクジを食べるのか?(農学研究院 研究員 森井悠太)(PDF)
7月20日 北海道の栄華をかつて極めたニシンはコンブをも育てていた~ニシンが栄養源として寄与,100 年以上前のコンブから検証~(水産科学研究院 特任教授 門谷 茂)(PDF)
7月18日 観測記録が不足するオマーン湾の湧昇流発生をサンゴが記録(理学研究院 講師  渡邊 剛)(PDF)
7月14日 生体内HLA-G1タンパク質の過剰な免疫反応による慢性炎症疾患の治療効果を発見~アトピー性皮膚炎マウスを用いて~(薬学研究院 教授 前仲勝実)(PDF)
7月13日 性器ヘルペスとHIVの流行の関連性は性的接触ネットワークの構造で大きく異なることを解明(人獣共通感染症リサーチセンター 助教 大森亮介)(PDF)